ヤンチャでガラの悪いイメージが強いお笑いコンビ・ #尼神インター の渚だが、意外な才能があることがわかり男性ファンを興奮させている。

 渚は12月30日放送の「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅7 京都〜姫路城」(テレビ東京系)に出演。鉄道チームの一員としてリーダーの村井美樹、 #ロンドンブーツ1号2号#田村亮 と旅に挑んだ。

 道中、歩くことを渋ったり、鬼軍曹と呼ばれる村井に反発したりと問題発言、行動を連発。その流れのまま第1チェックポイントのそば道場に到達すると、「1キロのそばを打って食べる」という指令に挑戦した。

「ここの道場長はとても厳しい人で、先にそば打ちを始めたお笑いコンビ・流れ星の #ちゅうえい にはかなり強い言葉でそば打ちを教えました。そば打ち経験20年の太川にも『最高じゃないけど慣れてはるわ』と辛口。ところが渚にはべたぼめしたんです」(テレビ誌ライター)

 水回しでは「これはきれいに混ざってる」。練りでは「そうそう」「いい!ナイス!」「完璧です。満点」とほめちぎった。

 特に絶賛されたのは延ばしの行程。そば打ちのめん棒を前後に動かしみるみるとそばを延ばしていくと、道場長は思わず「棒触るの初めて?」と一瞬、まさかの下ネタかと思わせる発言をしてしまうほどだった。

 思わぬ発言を耳にした渚は素で「ハハハ」とキュートな笑い声を出し、「棒を触るのは初めてなんですよ」とウブな感じを装った。

「いつもの渚とは違い、完全に乙女のようでした。これにはグッときましたね。道場長も感心するぐらい棒の扱い方はかなりの腕前に見えました。また、そばを切る行程でも、田村亮と村井から『めちゃくちゃうまい』と絶賛されていました。もし渚がそば店を始めたら、通いつめてしまうかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 渚のみごとな“棒さばき”は一度生で見てみたいものだ。

#尼神インター #プロ #お笑い #興奮


尼神インター・渚の隠された才能がわかった!“棒を握らせたらプロ級”だって?

関連記事

JR西日本「DLやまぐち号」津和野駅の転車台にて回転展示 – 5/1から

JR東海・JR西日本、車いすスペース6席設けたN700Sの購入方法を発表

人気集める転車台の実演

熊本の鉄道の魅力を写真で 被災前後の30点、大阪で展示へ

いすみ鉄道が乗車2000万人達成、記念式典実施

JR西日本が「極上の赤身肉」を販売、その狙いとは