福岡市交通局は5日、地下鉄空港・箱崎線を運行する2000系について、より安全・快適で人と環境にやさしい車両へと大規模なリニューアルを実施し、1月7日に運行開始すると発表した。形式名称も変更され、「2000N系」となる。

2000N系の外観

2000系車両は全6編成あり、この中でリニューアルが完成した最初の1編成が1月7日から運行開始する。リニューアル車両は車体や機器の更新・補修による「安全性・信頼性の向上」、バリアフリー設備を充実させ、大型液晶ディスプレイの車内案内表示器を採用、軽量で省エネタイプの機器類やLED照明の採用で電力使用量削減を図った「人と環境にやさしい車両」、内外装をリニューアルして車両イメージを一新するとともに、緩衝器の構造変更により乗り心地の改善を図った「快適性・イメージの向上」を基本コンセプトとしている。

内装のおもなリニューアル内容として、液晶式の車内案内表示器に横長の大画面を採用して視認性を向上したほか、列車に関する情報・停車駅の情報・路線図などの旅客案内情報を4カ国語で表示。視覚・聴覚障がい者もドア開閉のタイミングを確認できるように、車内ランプやドアチャイム用スピーカを追加した。

2000N系のロゴ
更新された液晶式車内案内表示器
更新された優先スペース部

床も全面更新し、デザイン変更と合わせて滑りにくい材料を採用。優先スペース部は色を変更して認識しやすくした。車いす・ベビーカー利用者に配慮しつつ、介助者が簡易的な腰掛として利用できるように二段手すりも設置している。

吊り手は全数更新したほか、出入口部に立席する乗客の利便性を向上させるため、吊り手の増設も実施。出入口部と側引戸側面に注意喚起シールを追加して視認性を高め、乗降時や扉が開くときの安全性を向上させた。

吊り手も増設・更新された

外装においては、車体側面上部にカラー帯を追加して車体リニューアルを強調。車体側面に号車表示ステッカーを追加することで、何号車に乗車するか容易にわかるデザインとした。

#車両新造 #改造 #地下鉄 #空港アクセス鉄道 #電車


福岡市地下鉄2000N系、1/7運行開始 – 2000系を大規模リニューアル

関連記事

2021年度の鉄道事業設備投資計画【東武鉄道株式会社】

太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

JR新山口駅、現住所は元号を用いた「山口市小郡令和一丁目2番1号」

【youtube】平成筑豊鉄道妄想駅弁の食材買い出し旅!方城特産館ふくちの郷に行ってみた

交通当局、メーデー連休の移動ピークに効果的に対処—中国メディア

有明海に面した山中にある秘境駅・赤瀬駅(三角線)と、トトロの駅・癒しの駅として有名な上総大久保駅(小湊鐵道)へ!「鉄道ポスターの旅」(旅チャンネル)