JR東日本が2021年3月13日に実施するダイヤ改正にて、水戸線の全列車(常磐線直通列車も含む)でワンマン運転がスタートする。水郡線は3月13~26日に袋田~常陸大子間で試運転列車を運転した後、3月27日から全線で運転再開する予定となった。

水戸線で活躍する5両編成のE531系

水戸線のワンマン運転は3月13日以降、小山~友部間を走る全列車で実施。水戸線から常磐線への直通列車は、水戸線小山~友部間に加え、常磐線友部~水戸・勝田間でもワンマン運転が行われる。

ダイヤ改正後も水戸線のダイヤに大きな変更はなく、水戸線の列車(常磐線直通列車も含む)はすべてE531系5両編成で運転。ワンマン運転を開始した後も、引き続きすべてのドアから乗降できる。

水郡線は3月27日に全線運転再開を予定している

水郡線は2019年10月の台風19号の影響で、現在も袋田~常陸大子間で列車の運転を見合わせている。ダイヤ改正が行われる3月13日以降、袋田~常陸大子間で試運転列車が運転され、3月27日から同区間の運転を再開。これにより、水郡線は全線で運転再開となる。なお、上小川~常陸大子間の代行バスは3月26日まで運転される。

#JR東日本 #ダイヤ改正 #電車


JR東日本、水戸線でワンマン運転を開始 – 水郡線は全線運転再開へ

関連記事

JR西日本「DLやまぐち号」津和野駅の転車台にて回転展示 – 5/1から

JR東海・JR西日本、車いすスペース6席設けたN700Sの購入方法を発表

人気集める転車台の実演

熊本の鉄道の魅力を写真で 被災前後の30点、大阪で展示へ

いすみ鉄道が乗車2000万人達成、記念式典実施

JR西日本が「極上の赤身肉」を販売、その狙いとは