名古屋鉄道の名鉄資料館(岐阜県可児市)が2020年12月25日、建物の老朽化のため閉館した。駆け付けた鉄道ファンらが別れを惜しんだ。
 資料館は創業100周年を記念し、1994年に開館。同社の所蔵物など約3万5000点を無料公開していた。20年秋からは新型コロナウイルス感染予防のため人数制限をかけ、連日予約でいっぱいだったという。
 愛知県一宮市から友人らと訪れた大学生の勅使川惟雄さん(22)は、60年代のパノラマカーの運転台に座って操縦を疑似体験。「最後に来られて良い記念になったが、貴重な資料が見られなくなるのは寂しい」と語った。資料館の責任者は「展示物は倉庫でいったん保管する。いつか公開できる日が来たら案内したい」と話した。 

#資料 #名鉄 #岐阜県 #名古屋


名鉄資料館閉館でファンお別れ=岐阜県可児市〔地域〕

関連記事

横浜市営地下鉄「ギャラリートレイン」運行、100年の歴史を写真で

「回数券」は死語になる!? 鉄道回数券の相次ぐ廃止でも激安で乗る「裏技」はまだある!

新幹線「ALFA-X」&「はやぶさ10周年記念」Tシャツの予約販売開始

【youtube】天橋立駅でぶらぶらしつつ撮り鉄してみた

「西武園ゆうえんち」5/19オープン、ゴジラのアトラクションも登場

【ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路】お子様の“鉄分”補給にぴったりな鉄道ルームが誕生!