豊橋鉄道の併用軌道がある路線、東田本線(豊橋市内線)に、特別仕立ての動くカフェトレインが登場!

その名も、「カフェトレ」。

カフェトレは、豊橋鉄道 市内線の路面電車をカフェに仕立てた特別車両で、市内の人気カフェ、パーラーハナコ (HANAKO)、パティスリーモリ(Patisserie MORI)の特製スイーツプレートとドリンクがセットになったコースを動く車内で味わえる。

注目のスイーツは、豊橋が生産量日本一を誇る食べられる花「エディブルフラワー」を使ったスイーツなど、人気メニューの数々が登場。

運行期間は、2月11日から23日までの火・木・土・日曜の計8日間、1日1便、乗車時間は約90分。

全日程とも駅前電停14:45集合、15:00出発。行程は駅前→運動公園(トイレ休憩)→駅前の1往復。

料金は1000円。各便定員15名程度、応募多数の場合は抽選。

「エディブルフラワーを使ったスイーツで、SNS映え間違いなしです。途中の休憩中にはお土産プレゼント、そしてかわいい写真スポットも!」

「車内外共にお花に囲まれた路面電車のレトロで可愛い空間で、ステキなひとときをお過ごしください」

ソーシャルディスタンス確保のため全便予約制。申し込みは、LINE公式アカウントから。QRコードから友だち参加を。

———このカフェトレを手がけたのは、豊橋市、豊橋観光コンベンション協会、豊橋鉄道、東武トップツアーズ、ワルツ、豊橋温室園芸農業協同組合らが組む「カフェトレ実行委員会」。

観光庁より採択された「誘客多角化事業等のための魅力的な滞在コンテンツ造成」の一環で、路面電車がカフェになる「カフェトレ」運行を企画し、実現した。

#カフェ #スイーツ #路面電車 #予約


豊橋鉄道の路面電車が動くカフェに! 地元人気カフェの絶品スイーツを堪能する1時間半の旅、全便予約制 カフェトレ 2/11-23の火木土日運行

関連記事

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場

JR東日本「長岡車両センター見学会」開催、EF81形・EF64形など展示

山陽 九州新幹線用 8両編成 N700系 JR西日本 S編成 の座席モケットを手に入れるチャンス