各地のデパートなどで時折、開催する「駅弁大会」は大人気だ。だが、実際に車窓を眺めながら駅弁を食べたのは、いつだったろうかと最近の体験を思い出せなくなっている人が少なくないのではないか。ライターの小川裕夫氏が、小田急ロマンスカー車内販売の取りやめをきっかけに、鉄道と飲食サービスについてレポートする。

 * * *

 2020年における最大のトピックスは、なんといっても新型コロナウイルスの感染拡大だろう。4月7日に発令された緊急事態宣言は5月に全国で解除されたが、その後に第2波が襲来。現在は第3波の真っ只中にあり、コロナ禍は収束する気配を見せない。

 飲食店では閑古鳥が鳴き、観光地からは客足が遠のく。どこの業界も苦境に追い込まれた一年だったが、コロナ禍は鉄道業界にも容赦なかった。それは2020年に限った話ではなく、2021年にも影響が出始めている。

「コロナの影響もあり、2021年3月のダイヤ改正を機にロマンスカーの車内販売は取りやめになります。以降は、車内に設置された自動販売機の利用を呼びかける予定です」と話すのは、小田急電鉄CSR・広報部の報道担当者だ。

 小田急は、東京・新宿と小田原や江の島などを結ぶ鉄道路線。看板特急のロマンスカーは、箱根路への足として絶大な人気を誇る。小田急ロマンスカーはゆったりした座席のために寛いで移動ができるほか、広い窓ガラスのため雄大な景色を堪能できることも評判を高めた。

 それ以上にロマンスカーのウリだったのは、淹れたてコーヒーやほかほかの弁当・サンドイッチなどを座席まで運んできてくれるシートサービスだった。

 ロマンスカーでシートサービスが開始された当時はまだ、コンビニやファミレスが日本に存在していなかった。当時の鉄道旅をする人にとって飲食の心配が今より大きい。そのため、全国に線路を敷いていた国鉄は乗車時間も長くなるので食堂車を連結して利用者に食事を提供した。しかし、私鉄の乗車時間は長くても2時間ほどしかない。食堂車を連結しても不経済になる。私鉄に食堂車は不要だった。

 それでも、小田急は乗客サービスの向上といった目的から、ロマンスカーの車内で軽食などを提供するシートサービスを1949年にスタート。小田急のシートサービスは“走る喫茶室”と呼ばれて好評を博した。

 長らく小田急の代名詞にもなっていた”走る喫茶室”は、いったん1995年に終了する。これに落胆したファンは少なくなかったが、2005年に新型ロマンスカー50000形VSEが登場するとシートサービスも復活した。

 VSEは景色が見やすいように外側へと傾いた座席や幅広い窓など、箱根路を楽しむための工夫がふんだんに凝らされている。飲食という点に絞っても、VSEは車内にカウンターブースを設置するなど、ホスピタリティ面に力が入っていた。

 VSEはロマンスカーの復権を掲げた車両だけあって、「小田急といえばロマンスカー」「ロマンスカーといえば”走る喫茶室”」を改めて強く認識させた。

 VSEにつづいて登場した60000形MSEにも、同様のカウンターブースが設置された。2015年に公開された映画『ロマンス』では、元AKBの #大島優子 さんがMSEのアテンダント役を演じた。車内販売の舞台となったのがVSEではなくMSEだったのは、最新型車両をPRするという目的があったのだろう。いずれにしても、そうして点からは小田急がシートサービスやワゴン販売を本格的に復活させていくことを予感させた。

 しかし、VSEやMSEで復活したシートサービスは、コンビニの普及などに伴い退潮していく。2016年のダイヤ改正で、再び小田急はシートサービスを終了。以降、全面的にワゴン販売へと切り替えられていった。

 コロナ禍により、2020年には一部のロマンスカーでワゴン販売も中止していた。そして、とうとう2021年3月のダイヤ改正でワゴン販売も全面的に廃止されることが決まった。

 シートサービス・ワゴン販売が終了したことに伴い、VSEやMSEに設置されたカウンターブースは不要になってしまう。

「現役で走るVSEやMSEの車内には、コーヒーマシンやビールサーバーが設置されていたカウンターブースが残ったままになっています。今後、これらの設備をどうするのか? といったことまでは、まだ決まっていません」(同)

 前述したように、ロマンスカーの車内には1〜2台の自動販売機が設置されている。シートサービスやワゴン販売がなくなることを踏まえ、ロマンスカー車内の自動販売機設置台数を増やすことも考えられるが、「今後、自販機の設置台数を増やすかどうかは未定」(同)という。

 シートサービス・ワゴン販売の旗手でもあった小田急が、それらのサービスから撤退することは鉄道業界にとって大きな転換点になるだろう。食べることを目的とする乗車でない限り、飲食の提供を省くことが当たり前になる。実際、鉄道旅を楽しめる新型車両のデビューが近年は相次いでいるが、その多くは食べる体験そのものを商品として提供している。

 その一例が、2013年に運行を開始したJR九州のななつ星in九州といえる。これが好評を博したことから、鉄道各社はななつ星in九州のようなクルーズトレインを次々と登場させた。

 路線が短い私鉄でも、豪華な食事のできる特別な列車は珍しくなくなった。クルーズトレインによって列車内で食事をすることは広まりつつあるが、それはあくまでも”食べる”ことを目的にした乗車にすぎない。クルーズトレインと小田急の”走る喫茶室”とはコンセプトが異なる。

 乗客だったら誰もが利用できる食堂車は過去のものとなり、多くの特急列車で実施されてきたシートサービスも見られなくなった。東北新幹線などに導入されたグランクラスでもシートサービスは縮小を迫られている。

 コロナによって駅弁業界も大きな打撃を受け、販売の縮小は避けられない。もはや、鉄道車内で食べる・飲むといった楽しみは失われつつある。

 自動車旅と比べて、鉄道旅の大きなメリットは移動中でもアルコールが飲める点にある。コンビニで売っている缶ビール、弁当やサンドイッチでは鉄道旅も味気ない。コロナは鉄道旅行の愉しみまで奪おうとしている。

#ロマンスカー #駅弁 #デパート #ライター


ロマンスカーのワゴンサービス全廃 「鉄道の飲食」は転換期

関連記事

JR東日本「空間自在ワークプレイス」実験「新幹線オフィス」も予定

東武鉄道、社有林の間伐材で作ったベンチを沿線の希望者に寄贈へ

東武鉄道「スペーシア」デビュー当時のリバイバルカラー車両が登場

京急電鉄、1000形新造車両を新たに3編成 – 2021年度の設備投資計画

近鉄、7/3ダイヤ変更 – 最終列車繰上げ、本数・区間の見直しなど

JR中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業、2028年度内竣工めざす