JR西日本山口支社は2021年1月1日、下関市内の神社で祈祷を受けた台紙付きの「関門突破祈念きっぷ」を発売する。世界初の海底トンネルである関門トンネルと、新幹線用の新関門トンネルが、難所だった「関門」海峡を鉄路で「突破」したことに縁起を担ぎ、「どのような困難も乗り越え、明るい未来への希望を切り開くことを祈念」して販売する。

JR西日本山口支社が「関門突破祈念きっぷ」を発売(写真は下関駅)

「関門突破祈念きっぷ」は下関~門司間の乗車券と社員手作りの台紙のセットで、発売額は230円。希望者には下関駅、門司駅を通過するきっぷ(新下関~小倉間など)も発売するという。

下関駅で500枚、新下関駅(新幹線口)で300枚を販売。台紙はA6サイズ2つ折りで、下関駅では関門トンネルを通過する在来線車両の図柄、新下関駅では新幹線の図柄をそれぞれ販売する。台紙内面には「目指せ関門突破」などのメッセージを記した。所定の枚数がなくなり次第、販売を終了する。

#記念きっぷ #JR西日本


JR西日本「関門突破祈念きっぷ」下関駅・新下関駅にて1/1販売開始

関連記事

初代0系風列車でお祝い JR新居浜、伊予西条両駅100年 愛媛

渋谷駅ホーム移設や秋田新幹線の雪落とし装置 土木学会が学会賞表彰 鉄道関係で10件受賞【コラム】

ホームドアない駅は「欄干ない橋」と同じ…視覚障害者に死の恐怖「整備急いで」

北陸新幹線敦賀延伸後、在来線特急の福井方面直通を断念した事情

大坂の「八百八橋」を支えた金融と政治の街 – 淀屋橋駅など(前編)

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信