JR西日本山口支社は2021年1月1日、下関市内の神社で祈祷を受けた台紙付きの「関門突破祈念きっぷ」を発売する。世界初の海底トンネルである関門トンネルと、新幹線用の新関門トンネルが、難所だった「関門」海峡を鉄路で「突破」したことに縁起を担ぎ、「どのような困難も乗り越え、明るい未来への希望を切り開くことを祈念」して販売する。

JR西日本山口支社が「関門突破祈念きっぷ」を発売(写真は下関駅)

「関門突破祈念きっぷ」は下関~門司間の乗車券と社員手作りの台紙のセットで、発売額は230円。希望者には下関駅、門司駅を通過するきっぷ(新下関~小倉間など)も発売するという。

下関駅で500枚、新下関駅(新幹線口)で300枚を販売。台紙はA6サイズ2つ折りで、下関駅では関門トンネルを通過する在来線車両の図柄、新下関駅では新幹線の図柄をそれぞれ販売する。台紙内面には「目指せ関門突破」などのメッセージを記した。所定の枚数がなくなり次第、販売を終了する。

#記念きっぷ #JR西日本


JR西日本「関門突破祈念きっぷ」下関駅・新下関駅にて1/1販売開始

関連記事

方向幕「西武遊園地前」は見納め!? メットライフドームの101系クハ1262が更新、外観に変化

「Gakken ニューブロック」に新幹線E5系「はやぶさバッグ」新登場

「富士山登山鉄道構想」は実現する? ヨーロッパの事例から可能性を探る

「鬼滅の刃」の全面広告電車、バンコクの高架鉄道に

京都鉄道博物館「プラレール鉄道」本格始動に合わせたイベント開催

JR西日本「DLやまぐち号」復路のみ季節限定のヘッドマークを掲出へ