会津鉄道は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて激減した利用状況に合せ、2021年3月13日にダイヤ改正を実施すると発表した。通学・通勤の足を守り、特急「リバティ会津」との接続を考慮ししつつ、日光方面の直通列車を見直し、会津若松~会津田島間の利用状況に合わせた列車の見直しも行う。

快速「AIZUマウントエクスプレス」

日光直通列車の見直しでは、脱線事故による車両破損にともない、東武鉄道管内への乗入れ可能車両が不足していることに加え、日光・会津間の輸送量低迷が続いていることから、現行の「AIZUマウントエクスプレス3・4号」は東武日光駅乗入れを取りやめ、会津若松~会津田島間の普通列車として運転する。会津田島駅からは電車で鬼怒川方面へつなぎ、鬼怒川温泉駅から東武鉄道の特急列車(浅草行)に接続する。

会津若松~会津田島間の列車も見直しに。乗務員の夜間勤務の削減、車両の効率的運用、輸送量の低迷を考慮し、現行の会津田島発会津若松行の始発列車(会津田島駅5時24分発)と、会津若松発会津田島行の最終列車(西若松駅22時13分発)において、西若松~会津田島間の運転を取りやめる(会津若松~西若松間は変更なし)。

現行の会津田島発9時3分発・19時43分発の普通列車(会津若松行)、会津若松駅10時22分発・20時18分発の普通列車(会津田島行)も、利用が少ないことから運転取りやめに。列車の運転間隔を考慮し、現行の会津若松発12時0分発「リレー132号」の時刻変更もあわせて実施する。

#ダイヤ改正 #中小私鉄 #三セク


会津鉄道、日光方面の直通列車見直し – 一部列車の運転取りやめも

関連記事

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場