しなの鉄道は2021年3月13日に実施するダイヤ改正を機に、新型車両SR1系の一般車を4編成(計8両)投入し、営業運転を開始すると発表した。

SR1系(一般車)の外観イメージ図
SR1系(一般車)の内装イメージ図

今回のダイヤ改正により、全列車のうち約3割がSR1系に置き換わるほか、一部列車の時刻が変更される。詳しい時刻表は2月下旬に告知される予定。また、しなの鉄道線の軽井沢~小諸間の増便運行(上下14本)は継続して実施される。

ダイヤ改正を機に営業運転開始となるSR1系の一般車は、2020年夏にデビューしたSR1系の有料快速向け車両に続いて導入される新型車両。トイレを設置したほか、従来車両と比べてボックス席のシートピッチが広くなり、座席配置の変更等によって車両定員が約10%増えるなど、車内の快適性が向上しているという。

#車両新造 #改造 #新型車両 #ダイヤ改正 #中小私鉄 #三セク #電車


しなの鉄道、新型車両SR1系の一般車を4編成投入 – 約3割がSR1系に

関連記事

横浜市営地下鉄「ギャラリートレイン」運行、100年の歴史を写真で

「回数券」は死語になる!? 鉄道回数券の相次ぐ廃止でも激安で乗る「裏技」はまだある!

新幹線「ALFA-X」&「はやぶさ10周年記念」Tシャツの予約販売開始

【youtube】天橋立駅でぶらぶらしつつ撮り鉄してみた

「西武園ゆうえんち」5/19オープン、ゴジラのアトラクションも登場

【ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路】お子様の“鉄分”補給にぴったりな鉄道ルームが誕生!