西日本鉄道は、大みそかに予定していた臨時列車の運転(終夜運転)を取りやめると発表した。同社は11月27日の発表で、12月31日の終電後から元日の始発前まで、天神大牟田線の各駅から太宰府駅までの区間で、急行・普通合わせて77本を運転するとしていた。

西日本鉄道が大みそかの終夜運転を取りやめると発表

その後、福岡県が12月12日付で「福岡コロナ警報」を出すなど、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を踏まえ、感染拡大防止と分散参拝促進の観点から、終夜運転を取りやめることとした。これにより、大みそかは土休日ダイヤでの運転となる。

#西鉄(西日本鉄道) #電車


西鉄「福岡コロナ警報」など踏まえ、大晦日の終夜運転は取りやめに

関連記事

鉄道用製品の不正検査問題、三菱電機が再発防止策で10月1日に記者会見へ

中国初の自動運転跨座式モノレールが登場—安徽省蕪湖市

一般の部大賞は「サフィール踊り子」を捉えた1枚 第14回タムロン鉄道風景コンテスト審査結果発表

地味なイメージの一新目指す「JR相模線」、その100年の歴史とは

【現場から、】SL食堂でコロナ禍を乗り切れ

鉄道イベント「高額化」に驚き コロナ禍も影響?1泊10万円の体験ツアーも登場