西日本鉄道は、2021年3月に天神大牟田線のダイヤ改正を実施する。深夜帯や土休日の利用が大きく落ち込むなど、社会環境が変化していることを踏まえ、持続可能な鉄道サービスの提供をめざす。

西鉄天神大牟田線で2021年3月にダイヤ改正を実施

ダイヤ改正のおもなポイントとして、終電時刻を繰り上げるとともに、「日祝ダイヤ」を導入する。深夜帯の需要に合わせた輸送の適正化と、社員の労働環境改善を目的に、最終電車の時刻を約15~30分程度繰り上げる。

平日の下りは終電が13~30分繰上げとなり、花畑行の急行は西鉄福岡(天神)駅の発車時刻を現行の24時0分から23時30分に変更。大牟田行の急行の終電は西鉄福岡(天神)駅22時45分発となり、現行の列車より15分早くなる。

平日の上りは22~25分繰上げとなり、大牟田発西鉄福岡(天神)行の急行は大牟田駅22時28分発が最終となる。土休日は下りの西鉄福岡(天神)発大牟田行・西鉄福岡(天神)発筑紫行が13~15分、上りは西鉄柳川発西鉄福岡(天神)行・西鉄久留米発西鉄福岡(天神)行がそれぞれ1分繰上げとなる。

「日祝ダイヤ」は、現行の土休日ダイヤに替わる新たなダイヤとして導入する。現在は土曜日と日曜日・祝日を共通の土休日ダイヤで運行しているが、朝6~8時台と夕方19時以降を中心に利用状況が異なることから、利用状況に応じた輸送サービスを行うことになった。その他の時間帯についても、利用状況に応じたダイヤの見直しを行う予定。詳細は2021年1月下旬に発表される。

#ダイヤ改正 #西鉄(西日本鉄道) #電車


西鉄天神大牟田線、2021年3月ダイヤ改正で「日祝ダイヤ」を導入へ

関連記事

旧国鉄福知山機関区の歴史と鉄道員の奮闘ここに SL専門誌が特集

京阪3000系「プレミアムカー」連結、平日の快速特急「洛楽」に乗車

津田沼戦争の象徴、閉店決定したパルコの買い物客数減らした「鉄道の開業」

【youtube】ダイヤ改正で利用できる列車に変化?青春18きっぷで乗車できる観光列車にも注目!

世界の鉄道システム市場ーシステムタイプ別(補助動力、HVAC、推進力、車載制御、その他)、車両タイプ別(機関車、メトロ、モノレール、乗用車、その他)最後用途別(乗用車 、貨物列車)ー地域予測2027年

「バス旅」太川陽介の“新パートナー”候補に浮上したアノ“番組大ファン”