京王電鉄は、「交通サービスの統合」「ラストワンマイルの補完」「生活利便性の向上」「エリアの魅力発信」の4点から各サービスを提供する東京多摩エリアでのMaaSのサービス名を「TAMa-GO」とし、2021年の1月13日から2月28日まで実施すると発表した。

サービス画面(イメージ)

このサービスは東京都が公募した「令和2年度MaaS社会実装モデル構築に関する実証事業」に採択されており、12月25日に開設されたスマートフォン専用サイトを利用し、1月13日からさまざまなサービスを順次提供していく。

電車の乗車券・買い物券や施設利用券などがセットでお得に購入できるデジタルチケットを販売するほか、購入したデジタルチケットをスマホで表示して係員に見せるだけで駅の改札が可能になるなど、日常生活をより快適に過ごせるサービスを提供。高尾山など観光スポットへのおでかけにも対応する。

サービスの名称は、「多摩+MaaS+GO=TAMa-GO」から名づけており、孵化しようとしている卵を想起させることで、新しい生活スタイルがここから生まれることを印象づけている。ロゴマークの緑は多摩エリアの豊かな自然をイメージし、ヒビに見立てた矢印はナビゲーション機能を表現するとともに、ユーザー数増加の願いが込められている。

ロゴマーク
使用例

1月13日以降、京王線乗車券に京王聖蹟桜ヶ丘SCの買い物券や多摩モノレール・京王線乗車券、京王高尾山温泉/極楽湯入館券などがセットでお得に購入できるデジタルチケットを販売。多摩エリア・高尾山エリアのスポット情報を満載したデジタルマップにより、「移動が便利になる・移動したくなるサービス」を提供する。

1月26日からは、駅と自宅の移動をさらに便利にするため、聖蹟桜ヶ丘駅から特定エリアに向かうタクシーの相乗り型輸送サービスを実施。2月1日以降、バスの金額式IC定期券利用者向けに、京王多摩センター駅最寄りのサテライトオフィス「KEIO BIZ PLAZA」、シェアサイクル「HELLO CYCLING」、駐車場利用券をセットにした「モットクサブスク」を100名限定で販売し、より快適な生活につながるサービスを提供するという。

#京王電鉄 #電車


京王電鉄、多摩エリアでスマホ利用のMaaSサービス「TAMa-GO」実施

関連記事

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ

中国の高速鉄道が100メートルの海底を走るように—中国メディア

JR東日本、上越新幹線E4系「Max」定期運行ラストランが10/1に決定