#太川陽介 と女優の村井美樹が競い合う「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」(テレビ東京系)の最新が12月30日に放送される。

同シリーズは太川率いるバスチームはローカル路線バスだけ、村井がリーダーを務める鉄道チームは鉄道だけを利用して、相手より先に目的地にたどり着く旅。すでに6回が放送され、今ではテレ東旅番組の看板シリーズになっている。

「太川がトークイベントで明かしたところによると、バス旅よりもこの乗り継ぎ対決旅のほうがキツいそう。バス旅は成功か失敗かだけですが、乗り継ぎ対決旅はそれに加えて相手チームに勝たないといけない。さすがのルイルイもこれにはかなり神経をすり減らすそうです」(テレビ誌ライター)

6戦行って勝敗は3勝3敗の五分。年内最後となる第7戦は重要な戦いになりそうだ。太川と村井の采配が見どころになるだろう。

そしてもう1つ必見ポイントになりそうなのが、ゲストの #浅田舞 。浅田は太川のバスチームに加わる。

「これまでの旅を見ると、チェックポイントに温泉が設定されることが多いんです。第3弾では村井とゆきぽよが湯船に浸かり、桜色の柔肌を披露しました。浅田にも期待がかかりますね。ただ、太川は今年7月に放送された『太川蛭子のローカル鉄道寄り道旅〜涼を感じる夏の箱根SP〜』(テレビ東京系)でお風呂に入ろうとした #久松郁実 を制止し、湯舟シーンをなしにした過去がある。今回も余計なことをしないか心配です」(前出・テレビ誌ライター)

さらにこの旅は歩きが多いのも特徴。浅田が推定Gカップを揺らして歩くシーンにも期待できるかもしれない。

みどころいっぱいになりそうな乗り継ぎ対決最新回。年末のあわただしさを吹き飛ばしてくれそうだ。

#太川陽介 #浅田舞 #温泉 #バス


太川陽介の邪魔は勘弁?浅田舞「乗り継ぎ対決旅」Gカップ温泉シーンの期待

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も