東京メトロは12月22日以降、富士ゼロックスと共創した個室型ワークスペース「CocoDesk」の設置拠点をさらに4駅拡大する。

「CocoDesk」設置場所が19駅35台に拡大

「CocoDesk」は、電源コンセントやWi-Fi、エアコンによる温度調節機能などを完備した個室型ワークスペース。空気を24時間入れ替える仕様に加え、抗菌コーティングも実施している。オンライン会議・資料作成等の仕事や、読書・学習などで利用できる。

これまで東京メトロ各線の15駅に計28台を設置してきたが、新たに有楽町線の銀座一丁目駅(1台)、半蔵門線の神保町駅(1台)、南北線の永田町駅(1台)、有楽町線・半蔵門線・南北線の永田町駅改札内(2台)、日比谷線の上野駅(2台)に計7台を増設。今後は19駅35台で運用する。永田町駅では初めて改札内にも設置され、「これまで以上に乗換えなどによるすき間時間を有効に活用いただけるようになります」と東京メトロはPRする。

利用時間はいずれも7~22時。利用料金は15分250円(税別)。専用サイトで事前予約し、料金はクレジットカードで決済する。

#東京メトロ #駅 #地下鉄


東京メトロ、個室型ワークスペース「CocoDesk」設置駅さらに拡大

関連記事

JR東日本と農産物流通プラットフォームを共同運用

Suica対応Fitbit Charge 4が登場 日本のFitbitユーザーの移動と買い物がより快適に

【youtube】雪景色の長崎電気軌道の路面電車を撮り鉄してみた

鉄道業界はMaaSやワーケーションで地域観光再生に貢献 日観振が「日本の観光再生宣言」

電車飛び込み死亡、窓ガラス突き破り「乗客」巻き添え…鉄道会社は「責任」を負うの?

西武鉄道オンラインショップがオープン 秋には5000系・001系HOゲージ金属製ディスプレイモデルも登場