2020年、新型コロナウイルスの感染拡大は「乗り鉄」を中心に鉄道ファンにも大きな影響を及ぼした。新幹線を中心に、鉄道需要が大きく減ったことが話題になった1年だが、そんな中でも鉄道関連で多くの話題が登場した。早稲田大学鉄道研究会が会内でアンケートを実施し、鉄道関連の出来事から今年の「鉄道10大ニュース」を選定。以下、10位から1位を紹介しよう。

* * *

【10位】箱根登山鉄道が復旧

首都圏からのアクセスが容易な箱根。鉄研の遠足の定番の行き先でもあったが、メインの交通手段である登山鉄道が昨年の台風で被災。ダメージを受けた線路の映像に衝撃を受けていた会員が多かったぶん、7月に無事運転を再開したことに安堵する声が寄せられた。

【10位(同数)】各地を襲った「令和2年7月豪雨」

各地に大きな被害をもたらした7月の豪雨災害。鉄道では、特に熊本県の球磨川沿いを走るJR九州の肥薩線やくま川鉄道が壊滅的な被害を受けた。車窓風景に優れ、SLや観光列車が走っていた人気路線が一転、存続の危機に立たされている。

【8位】鉄道各社が「終電繰り上げ」を発表

秋頃から、都市圏の鉄道各社が相次いで2021年春のダイヤ改正で終電の時刻を繰り上げることを発表した(JR東は最大30分程度)。実は、深夜帯の利用客の減少や保線作業のための時間を捻出する必要性から、鉄道各社は以前から繰り上げのタイミングを見計らっている状況だった。そんな折に新型コロナウイルスが流行。やむを得ない流れであると考える。

【8位(同数)】新型特急「サフィール踊り子」デビュー

東京と伊豆半島を結ぶ特急に新型車両「サフィール踊り子」がデビュー。鉄研会員いちばんの驚きは、全車グリーン車のプレミアム列車でありながら、車内カフェテリアで提供される軽食がなんとヌードル(ラーメン)だということ。こだわりの食材で作られたヌードル、その美味しさをいずれ乗って確かめてみたい。

【7位】新幹線「N700S」デビュー

7月にデビューした東海道・山陽新幹線の最新型車両N700S。形式名につく「S」は、英語で「最高」を表す「supreme」から。外観は従来の車両(N700系)と大きく変わらないが、全席に電源コンセントを装備するなど車内環境はレベルアップ。まだ日が浅く運行本数は少ないが、狙って乗りに行った鉄研会員もいたようだ。

【6位】新型コロナウイルスの影響

新型コロナウイルスの流行により鉄道各社の旅客輸送量は著しく減少、JR東日本は初の赤字決算となるなど、経営状況にも暗い影を落とした。一方、需要喚起策として限定のおトクな割引きっぷが各所で販売された。

【5位】JR山手線「E231系」引退

今年1月、およそ4年を要した車両の世代交代が完了し、山手線の列車はすべて新型車両で統一された。ちなみに、山手線を離れたE231系は車体の色を緑から黄色に変えて、活躍の場を中央・総武線に移している。

【4位】東海道新幹線「700系」引退

もうひとつ、車両の引退が注目された。多くの鉄道ファンが幼い頃から憧れてきた新幹線。1999年デビューの700系は、大学生の世代(20歳前後)にとっては最も馴染みのある新幹線車両といえる。しかし、車両の老朽化を理由に今年3月をもって東海道新幹線から引退。もう東京駅でその姿を見られないと思うと、時の流れを感じずにはいられなかった。

【3位】JR西日本「WEST EXPRESS 銀河」デビュー

今年も数多くの新しい列車がデビューしたが、なかでも飛び抜けて鉄研会員の注目を集めたのは、9月に運行を開始したJR西日本の観光列車「WEST EXPRESS 銀河」だ。近年、JR各社がこぞって走らせている「クルージングトレイン」の一種だが、(大学生でも手の届く)リーズナブルな価格設定と、古き良き寝台列車・夜行列車の気分を味わえるという点で一線を画している。「乗ってみたい」という会員も多数。

【2位】JR山手線「高輪ゲートウェイ駅」開業

常磐線全通と同日に開業した、山手線の49年ぶりの新駅「高輪ゲートウェイ」。開業前から斬新なネーミングが話題となっていた。これから駅周辺の都市開発が本格的に進められるとのことで、今後が楽しみである。

【1位】JR常磐線、9年ぶりの全線開通

早大鉄研が選ぶ「2020年鉄道10大ニュース」、1位に輝いたのは、東日本震災以来9年ぶりとなるJR常磐線の全線開通であった。3月14日の全通とともに、東京の品川駅から仙台駅まで常磐線経由で直通する特急「ひたち・ときわ」も運転を再開。都心のターミナル駅から、通勤電車に混ざって東北地方に向かう特急列車が発着する光景は、見るたびに旅情がかきたてられる。

以上、早大鉄研が選んだ「2020鉄道10大ニュース」を紹介した。2021年は新型コロナウイルスが無事に収束し、さらに明るい鉄道ニュースが増えることを祈りたい。

◆取材・文/早稲田大学鉄道研究会・会誌『SWITCHER』編集部

#早大 #メンバー #投票 #新型コロナウイルス


「2020鉄道10大ニュース」早大鉄研メンバーが投票で選出

関連記事

JR東日本など「とれいゆ つばさ」ワーケーション新幹線の旅を実施

「JR東日本高額オレンジカード」9/30に廃止 – 10/1から払戻し実施

北陸新幹線「福井駅」外観まもなくお披露目、駅名標は8月上旬に取り付け

【名古屋プリンスホテル スカイタワー】わくわくする感動体験!高層階から見るリアル鉄道ジオラマオリジナルトレインビューBOOK付きトレインビュープラン

【youtube】時刻表チョコレート、釧路-白糠 開通120周年グッズ、E4系Maxフールセックでお喋り!

JR東日本「B.B.BASE」指定席発売へ – 利用者の要望に応え、9月から