JR九州は12月24日から、香椎線西戸崎~香椎間で自動列車運転装置を用いた自動運転の実証実験を開始した。在来線ATS区間での自動運転は国内初の試みだという。

実証実験で使用する交流蓄電池電車819系「DENCHA」

これまで、国内における鉄道の自動運転は、レールを介して車両につねに情報を伝送するATC(自動列車制御装置)を整備した路線でのみ実用化されてきた。しかし、JR在来線の98%が地上に設置した端末からの伝送で列車を制御するATS(自動列車停止装置)区間となっており、ATC化には莫大な設備投資が必要とされる。

そこで今回、JR九州が用いているATSシステム「ATS-DK」をベースに、日本信号が開発した自動列車運転装置を用い、ATS区間での自動運転を実証実験として導入することになった。運転士が乗務した営業列車で自動運転を行い、在来線での自動運転に関する知見を蓄積する。

踏切がある区間での自動運転も、国内で初めての試みだという。実証運転では、運転士が先頭車両に乗務し、前方の異常や危険を発見すれば緊急停止操作を行うことで安全を確保する。

出発式の様子

実証実験は当面続けられ、2021年度末までに運転士が乗務した状態での自動運転を香椎~宇美間に広げるほか、対象列車の拡大もめざす考え。将来的には、運転士以外の係員が乗務した形での自動運転の実現をめざす。

#JR九州 #電車 #鉄道技術


JR九州、香椎線西戸崎~香椎間で在来線列車自動運転の実証実験開始

関連記事

JR東日本「空間自在ワークプレイス」実験「新幹線オフィス」も予定

東武鉄道、社有林の間伐材で作ったベンチを沿線の希望者に寄贈へ

東武鉄道「スペーシア」デビュー当時のリバイバルカラー車両が登場

京急電鉄、1000形新造車両を新たに3編成 – 2021年度の設備投資計画

近鉄、7/3ダイヤ変更 – 最終列車繰上げ、本数・区間の見直しなど

JR中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業、2028年度内竣工めざす