JR九州と北九州市は25日、JR折尾駅(八幡西区)の4代目となる新駅舎を報道陣に公開した。かつて日本初の鉄道立体交差があったことを示すデザインや、1916〜2012年に使用され乗客や市民に愛された3代目の旧駅舎の部材や意匠を多く取り入れた。新駅舎は21年1月2日にオープンする。

折尾駅は1891(明治24)年、当時の九州鉄道と筑豊興業鉄道の駅として開業。日本で初めて鉄道の立体交差が設けられた。駅の再整備は周辺道路の混雑緩和などが目的。高架化を進めるとともに旧駅舎を解体し、これまで複数あった改札口は1カ所に集約した。

新駅舎は、旧駅舎の造りや装飾を踏襲し、部材の一部を補修して再利用した。駅構内の床面には移設前の筑豊線の軌道を示すタイルを張り、レールの一部も保存展示。旧駅舎改札前の象徴だった円形ベンチや化粧柱も再現した。

北九州市折尾総合整備事務所の池田秀昭事業調整課長は「初めての方も地元の方もわかりやすく、歴史に触れられる駅となった。新駅舎をきっかけに、にぎやかな街づくりを進めていきたい」と話した。【浅野翔太郎】

#九州 #JR九州 #北九州市 #デザイン


JR折尾駅、4代目の新駅舎公開 21年1月オープン 北九州

関連記事

JR、GW期間の利用状況は – 東海道新幹線は前年比526%、前々年比27%

JR東日本、首都圏における列車削減を解除 – 5/7は通常の平日ダイヤ

海外の鉄道関係者を対象としたオンライン講座「Tokyo Metro Academy」の開講に向け、「無料オンライン講座」を開催します。

2021年度の鉄道事業設備投資計画【東武鉄道株式会社】

太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

JR新山口駅、現住所は元号を用いた「山口市小郡令和一丁目2番1号」