南海電気鉄道(大阪市)は12月24日、NFCを使った非接触決済「Visaのタッチ決済」を使って改札を通過する実証実験を行うと発表した。実験では駅に専用の改札機を設置。利用者はカードをかざすことで、サインや暗証番号を入力せず運賃を精算できる。QRコードを使って改札を通過する実験も平行して行う。
実験期間は2021年春〜21年末。利用者は、Visaのタッチ決済に対応したカード(クレジット・デビット・プリペイド)を使って改札を通過できる。改札機を設置する駅は後日発表する。
QRコードを使った実験では、南海電鉄のアプリやWebサイトで乗車券を購入した利用者にデジタルチケットとして配信する。利用者はスマートフォンにコードを表示し、改札機に読み取らせることで出入りできる。
コロナ禍で非接触決済のニーズが高まったことを受けた施策。乗車券の販路拡大や、利用客の利便性向上も見込むという。システムの構築には三井住友カード、ビザ・ワールドワイド・ジャパン、交通機関向けに決済・認証技術を開発するQUADRAC(東京都港区)が協力した。

#実験 #改札 #タッチ #実証実験


Visaタッチ決済で改札通過、南海鉄道が実証実験 QRコードで出入りも

関連記事

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ

中国の高速鉄道が100メートルの海底を走るように—中国メディア

JR東日本、上越新幹線E4系「Max」定期運行ラストランが10/1に決定

JR東日本、勝田車両センターの60周年で見学ツアー – グッズも販売