滋賀県甲賀市の信楽高原鉄道(SKR)が来年のえと「丑(うし)」にちなんだ「うし年親子きっぷ」を販売している。信楽焼の置物と紙製の切符のセットで1420円。

置物は手のひらサイズで、親牛に小さな子牛2匹が寄り添うデザイン。親牛のしっぽの上に「SKR」のマークが入る。同市信楽町長野の障害者就労支援施設「信楽くるみ作業所」が製作した。

切符も牛の形で、使用後は回収されず壁掛けになる。貴生川—信楽間を大人(中学生以上)1人と子供(小学生)1人が往復でき、来年12月末まで有効。信楽駅の他、通信販売で購入できる。問い合わせはSKR(0748・82・4366)。【村瀬優子】

#親子 #信楽焼 #えと #サイズ


牛の親子、乗車後は置物や壁掛けに 信楽焼のえと切符 信楽高原鉄道が販売

関連記事

JR東日本と農産物流通プラットフォームを共同運用

Suica対応Fitbit Charge 4が登場 日本のFitbitユーザーの移動と買い物がより快適に

【youtube】雪景色の長崎電気軌道の路面電車を撮り鉄してみた

鉄道業界はMaaSやワーケーションで地域観光再生に貢献 日観振が「日本の観光再生宣言」

電車飛び込み死亡、窓ガラス突き破り「乗客」巻き添え…鉄道会社は「責任」を負うの?

西武鉄道オンラインショップがオープン 秋には5000系・001系HOゲージ金属製ディスプレイモデルも登場