阪急電鉄は24日、神戸三宮駅(神戸本線)1番ホームの可動式ホーム柵を12月26日の初発列車から供用開始すると発表した。神戸三宮駅では、すでに2番ホームと3番ホームで可動式ホーム柵を供用開始している。

可動式ホーム柵の設置イメージ
設置計画図

神戸三宮駅1番ホームで供用開始する可動式ホーム柵は一部透過型の腰高式で、高さは約1.3m(柵本体)、開口幅は約3.2m、厚み約200mm(柵本体)。神戸三宮駅では、十三駅に設置している可動式ホーム柵よりも約100mmの薄型化を行い、安全・快適にホームを利用してもらえるように、できる限りホーム幅を確保するよう努めている。

2番ホームと3番ホームの可動式ホーム柵はすでに供用開始しており、残る4番ホームについては、2021年2月下旬の供用開始をめざし、引き続き工事を進めるとしている。

#ホームドア #駅 #阪急電鉄


阪急電鉄、神戸三宮駅1番ホームの可動式ホーム柵は12/26供用開始

関連記事

JR北海道キハ40形「国鉄一般気動車標準色塗装」車両、釧路駅で披露

上田電鉄、別所線が3/28全線運転再開 – 当日は「無料乗車デー」に

京成トラベル「成田空港今昔ツアー」開催、旧成田空港駅の見学も

JR東日本など4社「未来の物産展 from 青森」VR技術で観光名所体験

JR東日本社員が撮影、185系写真展 – 東京駅「グランルーフ」で開催

鋼索鉄道事業の旅客運賃上限変更認可ならびに運賃改定の実施について