阪急電鉄は24日、神戸三宮駅(神戸本線)1番ホームの可動式ホーム柵を12月26日の初発列車から供用開始すると発表した。神戸三宮駅では、すでに2番ホームと3番ホームで可動式ホーム柵を供用開始している。

可動式ホーム柵の設置イメージ
設置計画図

神戸三宮駅1番ホームで供用開始する可動式ホーム柵は一部透過型の腰高式で、高さは約1.3m(柵本体)、開口幅は約3.2m、厚み約200mm(柵本体)。神戸三宮駅では、十三駅に設置している可動式ホーム柵よりも約100mmの薄型化を行い、安全・快適にホームを利用してもらえるように、できる限りホーム幅を確保するよう努めている。

2番ホームと3番ホームの可動式ホーム柵はすでに供用開始しており、残る4番ホームについては、2021年2月下旬の供用開始をめざし、引き続き工事を進めるとしている。

#ホームドア #駅 #阪急電鉄


阪急電鉄、神戸三宮駅1番ホームの可動式ホーム柵は12/26供用開始

関連記事

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ

中国の高速鉄道が100メートルの海底を走るように—中国メディア

JR東日本、上越新幹線E4系「Max」定期運行ラストランが10/1に決定