阪急電鉄では、より安心・快適な鉄道を目指し、神戸三宮駅で可動式ホーム柵の設置工事を進めています。
このうち、2番ホームと3番ホームの可動式ホーム柵につきましては、既に供用を開始しておりますが、このたび
1番ホームの可動式ホーム柵の供用開始日が12月26日(土)に決まりましたので、お知らせいたします。
なお、4番ホームにつきましては、2021年2月下旬の供用開始を目指して、引き続き工事を進めてまいります。
工事期間中はご不便をおかけしますが、皆様のご理解とご協力をお願いします。
詳細は以下の通りです。

1.供用開始箇所
神戸本線 神戸三宮駅 1番ホーム
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/241510/img_241510_1.png

2. 供用開始日
2020年12月26日(土)初発列車から

3.仕様
・種類:腰高式の可動式ホーム柵、一部透過型
・高さ:約1.3m(柵本体)
・開口幅:約3.2m
・厚み:約200mm(柵本体)
※神戸三宮駅では、十三駅に設置している可動式ホーム柵よりも約100mm薄型化を行い、お客様がより安全・快適にホームをご利用いただけるよう、できる限りホーム幅を確保するようにします。
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/241510/img_241510_2.png

阪急電鉄株式会社 https://www.hankyu.co.jp/

リリース https://www.hankyu-hanshin.co.jp/release/docs/c44abbb4a4930cee159fd1edd20bc1a426f96811.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
大阪市北区芝田1-16-1

詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

#工事 #阪急電鉄


2020年12月26日(土)初発列車から、神戸三宮駅1番ホームの可動式ホーム柵の供用を開始します

関連記事

東海道新幹線0系・N700SをNゲージサイズに、ファミマで発売 – 京商

185系の写真を約120点、JR東京駅構内で8日から「メモリアル185系おもいで館写真展」開催

列車内でハンバーガー頬張った女性を告発、韓国

熊本電気鉄道、『オフィスおかん』の活用で従業員の健康意識向上 人手不足のバス・鉄道業界における人材定着率向上を目指す

リニア・鉄道館10周年イベント、開館当時の写真展示やプレゼントも

JR東日本、駅の役割変革へ3駅をモデル駅に – 駅ナカカレッジ開校も