JR西日本は、「SLやまぐち号」を牽引する蒸気機関車C57形1号機・D51形200号機の検査・修繕のため、2021年3月からディーゼル機関車の牽引で、観光列車「DLやまぐち号」として山口線新山口~津和野間を期間限定で運転すると発表した。

DD51形の牽引による運行イメージ

ディーゼル機関車は1960年代以降、蒸気機関車の代替車両として、国鉄では約1,400両製造された。客車・貨車の牽引を目的に、最盛期は全国各地で活躍したが、徐々にその数を減らし、JR西日本の保有数もいまでは26両となっている。

観光列車「DLやまぐち号」は新山口駅10時50分発・津和野駅12時58分着、津和野駅15時45分発・新山口駅17時30分着で運行され、定員は245名。運転日は3月20日から5月5日まで、7月17日から9月20日まで。土休日を中心に35日間の運転を予定している。

#JR西日本 #機関車 #蒸気機関車 #観光列車 #客車


JR西日本「DLやまぐち号」DD51形が牽引、3~9月の期間限定で運行へ

関連記事

【youtube】フェリー利用でお得旅!青い森鉄道「海峡ゆったどきっぷ」と「青森・苫小牧てつなかきっぷ」!

犠牲者42人を追悼=信楽鉄道事故30年—滋賀

「フェリーきょうと」進水 旅客定員675人、大部屋を廃止

鉄道ファンのためのスマホケース「trainfan.net」より、今秋に引退予定「E4系Max」のおしゃれな手帳型スマホケースの販売開始(JR東日本商品化許諾済)

「のと里山里海号」のPV完成、七尾湾沿いの美しい春景色を見て

犠牲者42人を追悼