JR東京駅改札内外一括受取カウンター位置 画像:鉄道会館

JR東日本グループの株式会社鉄道会館は2020年12月21日(月)より、エキナカ商業施設「グランスタ東京」でエキナカ商品をエキソトでも購入できる新サービスを開始した。

その一つがデリバリーサービスだ。グランスタ東京は株式会社ジェイアール東日本物流と連携し、フードデリバリーサービス「Uber Eats」を導入。グランスタ東京内の弁当・惣菜等を東京駅周辺半径約400m以内に配達する。

実施時間は毎日11時〜14時で、実施店舗は浅草今半、浅草鉃板亭、仙臺たんや 利久、 mango tree kitchen GAPAOなどで、今後も順次拡大予定だ。

その他にも、同日から一括受取サービスも拡大。ECサービス「JREモール(ネットでエキナカ)」で購入した商品の一括受取場所として、これまでのクローク一括受取カウンター(改札内)のほかにも、東京駅丸の内地下エキソト「紀ノ国屋アントレ グランスタ丸の内店」を選べるようになった。紀ノ国屋とは業務委託契約を結び、JRグループ会社として協力してもらう形だ。

また、「出前!グランスタ東京in盛岡」と題し、グランスタ東京から厳選した人気スイーツ・パン・弁当・惣菜を集めてJR盛岡駅で販売するイベントも行う。12月25日〜27日の3日間、JR盛岡駅構内2階北側コンコースで開催し、荷物の一部は新幹線で輸送、届けられるまでの様子を会場で放映する予定。

「グランスタ東京」は2020年8月3日に全体開業。JR東京駅構内に新たに約6,500平米の商業スペースが誕生し、食堂車を再現したレストランなどの新店舗が登場している。

鉄道チャンネル編集部

#東京 #グランスタ東京 #東京駅 #株式会社


JR東京駅限定商品がエキソトでも買える、グランスタ東京新サービス続々開始

関連記事

コロナで打撃 みなとみらい線を運行する横浜高速鉄道の2020年度利用客は前期比35.4%減

【コンテナそのまま!】鉄道コンテナデザインのエコバッグがヴィレヴァン通販でご予約開始!

世界的な人気を誇る、鉄道がテーマのボードゲーム『チケット・トゥ・ライド:ヨーロッパ』に15周年記念版が登場!【日本語版好評発売中】

北京と上海結ぶ京滬高速鉄道が開業10周年、延べ13億5000万人を輸送—中国

世界初 鉄道用「同期リラクタンスモーターシステム」実証試験に成功

皆様の『手』で、非冷房車内を涼しく! 弘南鉄道応援うちわ 協賛募集開始