コロナ禍で売り上げが激減し、倒産危機に陥っている千葉県銚子市のローカル鉄道「銚子電気鉄道(銚子電鉄)」が新たな自虐商品「銚電マンシール」を今月中旬から売り出した。

シールの世界観はファンタジーで「金欠鬼VS貧乏神」がコンセプト。竹本勝紀社長はじめ銚電ゆかりの人々をデフォルメしたキャラクターがデザインされている。

シールは、経営ががたついている状況を逆手にとって、ガチャガチャならぬ「ガタガタ」と名付けたカプセルトイとして販売。1回200円で犬吠駅、仲ノ町駅、ぬれ煎餅駅の3カ所に設置されている。女性車掌がモデルになった「ソデヤマ観音」、「つり革仙人」など全8種類。一般的に「キラ」と呼ばれる光沢デザインのシールは「シャーダンカーン」で、ホラー漫画家で「まずい棒」のイラストを手掛けた日野日出志氏がモデルになった。名前の由来は踏切の信号がなった際に降りる遮断桿(しゃだんかん)から。

シールを考案したプロデューサーの寺井広樹氏(40)は「金欠鬼と貧乏神の対立はどちらに転んでも貧乏のまま。自虐商品をいくら出しても経営危機を抜け出せない銚電の状況そっくりだからこそ、皆さんに笑ってもらいながら応援したいという気持ちにつながっていけば」と話している。

#銚子電鉄 #ガチャガチャ #コロナ禍 #倒産


銚子電鉄 新たな自虐商品はガチャガチャならぬ「ガタガタ」、その名も「銚電マンシール」

関連記事

FitbitがSuica対応のリストバンド型活動量計「Charge 4」を発売

九州新幹線西九州ルート、嬉野温泉駅舎出入口の愛称名決まる

リニア・鉄道館を飛行遊覧!? 新幹線食堂車で食事!? 3/15まで期間限定 体験ツアー実施中

JR東日本と農産物流通プラットフォームを共同運用

Suica対応Fitbit Charge 4が登場 日本のFitbitユーザーの移動と買い物がより快適に

【youtube】雪景色の長崎電気軌道の路面電車を撮り鉄してみた