JR東日本と西武ホールディングス(HD)は23日、鉄道以外のサービス事業で包括的に連携すると発表した。観光地などで余暇を楽しみながら働く「ワーケーション」の商品開発や、街づくり事業で協業する。新型コロナウイルス感染拡大により鉄道利用客が減少する中、両社の経営資源を生かし新たな需要を掘り起こす。
ワーケーションは、新たな法人・個人向けの商品を開発。長野県軽井沢町で西武HD傘下のプリンスホテルに宿泊しながら、農業などのボランティア参加や移住相談、研修ができるプランなどを販売する。
街づくりでは、両社が乗り入れる駅や周辺エリアの開発で連携する。乗り換えの利便性向上も可能性を探るという。
〔写真説明〕記者会見後の撮影に応じるJR東日本の深沢祐二社長(左)と西武ホールディングス(HD)の後藤高志社長=23日午後、東京都港区

#西武 #ワーケーション #開発 #JR


JR東・西武HD、非鉄道事業で包括連携=ワーケーション商品開発

関連記事

近鉄「ひのとり」も登場する『ノッて♪行こうスペシャル』3/14放送

「プラレール」トーマスシリーズ新商品「超特急のケンジ」セットに

鹿島臨海鉄道、大洗~鹿島神宮間を減便 – 昼間は2時間に1本の運転

いすみ鉄道、土休日ダイヤの減便など実施 – 急行列車は1往復のみに

伊豆急行、185系「踊り子」最終運行で利用者・撮影者に「お願い」

レトロゲームとコラボ、JR北海道「流氷物語号」感動のフィナーレ