JR西日本は23日、伯備線の木野山~石蟹間各駅において、2021年3月13日の始発列車からICカード乗車券「ICOCA」が新たに利用可能になると発表した。

新たに「ICOCA」が利用可能になる駅と、「ICOCA」を購入できる駅

新たに「ICOCA」の利用できる駅は、伯備線の木野山駅、備中川面駅、方谷駅、井倉駅、石蟹駅の計5駅。「ICOCA定期券」も利用可能になる。全国相互利用対象のICカード乗車券「Kitaca」「PASMO」「Suica」「manaca(マナカ)」「TOICA」「PiTaPa」「はやかけん」「nimoca」「SUGOCA」も利用できる。

なお、伯備線新見駅では現在、「ICOCA定期券」が利用できない状況となっているが、エリア拡大後は新見駅から総社方面の「ICOCA定期券」が利用可能となる。

エリアを拡大する5駅も「ICOCAポイント」の対象エリアに。利用登録した「ICOCA」で、JR西日本の「ICOCA」エリア内の列車を利用した場合や、一部の「ICOCA」加盟店で「ICOCA」電子マネーを利用した場合に、1カ月間(各月1日から末日まで)の利用実績に応じて「ICOCAポイント」が貯まる。貯まった「ICOCAポイント」は「1ポイント=1円」で換算し、利用月の翌月6日以降にチャージすることで、列車や買い物に使用できる。

#Suica #PASMO #ICOCA #交通系ICカード #JR西日本 #駅


JR西日本、伯備線木野山~石蟹間各駅で3/13から「ICOCA」利用可能

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も