JR東日本は、人気アニメ『エヴァンゲリオン』とタイアップした「エヴァンゲリオンスタンプラリー 全駅達成計画」を2021年1月18日から開催する。

スタンプラリーマップ

このスタンプラリーは、首都圏のJR東日本の49駅と、東京モノレール天王洲アイル駅の計50駅を巡る企画となっている。各駅に設置されたキャラクターパネルにあるQRコードをスマートフォンで読み込むと、キャラクタースタンプを取得できる。

5駅分のスタンプを集め、指定のゴール店舗にて、交通系電子マネーで500円以上買い物し、5駅達成画面を提示すると、その場でオリジナル缶バッジがもらえる。缶バッジは全4種あり、500円購入ごとに1個もらえる。1会計で最大5個までもらえるが、柄は選べない。さらに、25駅のスタンプを集めてゴール店舗で達成画面を提示すると、オリジナルクリアファイルがもらえる。

スタンプラリーメインビジュアル
5駅達成でもらえる缶バッジイメージ
全駅達成した人の中から抽選で当たるオリジナル鉄道時計

全50駅のスタンプを集め、オリジナル缶バッジを1個以上受け取っていれば、全駅達成賞品の抽選に応募が可能。スタンプラリーオリジナル鉄道時計が50人に当たるAコースか、「JRE POINT」1万ポイントが100人に当たるBコースを選べる。スタンプラリーの開催期間は2021年3月7日の終電までとのこと。

#JR東日本 #駅 #子鉄


JR東日本「エヴァンゲリオンスタンプラリー」首都圏50駅で開催へ

関連記事

渋谷駅ホーム移設や秋田新幹線の雪落とし装置 土木学会が学会賞表彰 鉄道関係で10件受賞【コラム】

ホームドアない駅は「欄干ない橋」と同じ…視覚障害者に死の恐怖「整備急いで」

北陸新幹線敦賀延伸後、在来線特急の福井方面直通を断念した事情

大坂の「八百八橋」を支えた金融と政治の街 – 淀屋橋駅など(前編)

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信

伊豆箱根鉄道、富士山三島東急ホテル開業1周年でコラボ記念乗車券