JR九州は2021年3月13日に実施するダイヤ見直しに合わせ、福岡・北九州・熊本地区に821系、長崎地区にYC1系を追加投入する。福岡地区では福北ゆたか線の運転体系見直し、筑肥線下山門~筑前前原間各駅へのホームドア設置も予定されている。

長崎地区に投入されたYC1系。来年3月のダイヤ見直しに合わせ、6両を追加投入

交流近郊形電車821系、蓄電池搭載型ディーゼルエレクトリック車両(ハイブリッド車両)YC1系は、ともに「やさしくて力持ちの鉄道車両」をコンセプトに開発され、JR九州の今後を担う車両として導入が進められている。

821系は2019年3月から運行開始し、その後も追加投入が行われ、現在は福岡・北九州地区の門司港~荒木間を中心に活躍中。来年3月のダイヤ見直しに合わせ、福岡・北九州・熊本地区に9両を追加投入する。YC1系は2020年3月から運行開始し、長崎地区の佐世保~長崎間(長崎本線旧線を含む)で活躍中。8月にも追加投入が行われるなど、車両数を増やしている。来年3月のダイヤ見直しに合わせ、さらに6両を追加投入する予定となっている。

交流近郊形電車821系。来年3月のダイヤ見直しに合わせ、9両を追加投入

福北ゆたか線では、データイム(10~15時台)の篠栗~博多間において、列車本数を現行の1時間あたり4本から1時間あたり3本とし、おおむね20分間隔の運転体系に変更する。乗車機会を確保するため、快速列車の停車駅を見直し、篠栗~博多間の各駅に停車。直方~博多間でデータイムに運転される快速列車の通過駅は勝野駅、九郎原駅、筑前山手駅のみとなる。

黒崎・折尾~直方間もデータイム(11~15時台)の列車本数が見直され、1時間あたり2本、おおむね30分間隔の運転体系に。夜間の一部列車も見直しとなり、直方駅から折尾方面の場合、現行の直方駅20時44分発・23時34分発の運転を取りやめるとのこと。福北ゆたか線の特急「かいおう」も、早朝・夜間の上下各1本が運転取りやめとなる。

筑肥線を走る305系

筑肥線では、九大学研都市駅で稼働中の軽量型ホームドアを下山門~筑前前原間の他の駅にも設置。3月13日の始発列車から稼働開始する予定となっている。

#気動車 #車両新造 #改造 #JR九州 #ダイヤ改正 #電車 #ホームドア


JR九州、821系9両・YC1系6両追加投入 – 福北ゆたか線で体系見直し

関連記事

JR、GW期間の利用状況は – 東海道新幹線は前年比526%、前々年比27%

JR東日本、首都圏における列車削減を解除 – 5/7は通常の平日ダイヤ

海外の鉄道関係者を対象としたオンライン講座「Tokyo Metro Academy」の開講に向け、「無料オンライン講座」を開催します。

2021年度の鉄道事業設備投資計画【東武鉄道株式会社】

太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

JR新山口駅、現住所は元号を用いた「山口市小郡令和一丁目2番1号」