JR西日本近畿統括本部は、2021年3月13日に実施するダイヤ改正で、土休日に大阪環状線・JRゆめ咲線(桜島線)を直通する列車の一部見直しを行うと発表した。JRゆめ咲線では、平日朝の列車の一部見直しも予定されている。

ダイヤ改正で大阪環状線・JRゆめ咲線(桜島線)の直通列車が一部見直しに

大阪環状線では、環状運転を行う普通列車や、阪和線・大和路線(関西本線)から直通してくる列車に加え、JRゆめ咲線(桜島線)へ直通する天王寺・京橋~桜島間の普通列車が運転されている。

平日は午前中と16時台以降を中心に直通列車が設定され、とくに11時台はJRゆめ咲線の全列車が直通列車。土休日も朝の時間帯から正午頃まで、約半数の列車で直通運転を行っているが、ダイヤ改正後、土休日のおおむね10~12時において、「京橋~桜島間のJRゆめ咲線直通の一部列車の運転を取りやめます」「一部列車については大阪から桜島までの区間を取り止め」とのこと。

JRゆめ咲線では、平日朝の7~9時頃にかけて、西九条~桜島間の列車が5~11分程度の間隔で運転されているが、ダイヤ改正でこの時間帯の一部列車の運転を取りやめることも発表している。

#JR西日本 #ダイヤ改正 #電車


JR西日本、大阪環状線・JRゆめ咲線(桜島線)直通列車を一部見直し

関連記事

「プラレール」トーマスシリーズ新商品「超特急のケンジ」セットに

鹿島臨海鉄道、大洗~鹿島神宮間を減便 – 昼間は2時間に1本の運転

いすみ鉄道、土休日ダイヤの減便など実施 – 急行列車は1往復のみに

伊豆急行、185系「踊り子」最終運行で利用者・撮影者に「お願い」

レトロゲームとコラボ、JR北海道「流氷物語号」感動のフィナーレ

すごい枚数!「東武東上線 全46駅記念乗車券」3/13から限定数販売、大正時代に全通した東上鉄道がルーツの東上線系統46駅コンプリート