JR東日本八王子支社は、2021年3月13日に実施するダイヤ改正で、中央快速線・青梅線において平日夕夜間の直通運転を一部見直し、立川駅ホームの混雑緩和と、立川駅始発の列車への着席サービス向上を図ると発表した。

中央快速線を走る青梅行の列車

対象となる列車は、現行の東京駅17時24分発・青梅駅18時52分着、東京駅18時51分発・青梅駅20時22分着の下り2本と、青梅駅17時51分発・東京駅19時14分着、青梅駅19時8分発・東京駅20時33分着の上り2本。ダイヤ改正後、運転区間が東京~立川間・立川~青梅間に分離される。

各列車とも東京駅と青梅駅の発着時刻は現在と同じだが、立川駅での到着時刻・発車時刻が一部変更となっており、たとえば現行の東京駅18時51分発・青梅駅20時22分着の列車はダイヤ改正後、東京駅18時51分発・立川駅19時47分着、立川駅19時46分発・青梅駅20時22分着となるため、立川駅での乗換えはできない。

その他、八王子駅で中央快速線と接続する八高線にて、平日の17時台に八王子~箱根ヶ崎間の列車を1往復増発して混雑緩和を図る一方、現行の高麗川駅20時46分発・八王子駅21時33分着の列車が運転取りやめに。中央本線の大月駅と甲府駅では、夕夜間を中心に一部の特急「あずさ」「かいじ」と普通列車の乗換え時間が短縮される。

#JR東日本 #ダイヤ改正 #電車


JR東日本、中央快速線・青梅線を直通する一部列車を立川駅で分離

関連記事

栗橋駅デッドセクションのまわりを歩く鉄さんぽ1時間

近鉄12200系の名阪特急を運転、中川短絡線も通過 – ラストラン迫る

愛される「ガチャコン電車」 滋賀の老舗私鉄・近江鉄道 「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会in滋賀」から【コラム】

SKE48・須田亜香里、『バス vs 鉄道』で大号泣 相手チームにあおられ…

『バス vs 鉄道旅』勝敗わけた運命の1路線に太川陽介絶叫 バス旅の経験が仇に…

地下鉄「東京8号線」整備の好機、江東区の宿願は叶うか