秩父鉄道は12月26日、「ありがとう!! 熊谷貨物ターミナル駅記念乗車券 ~駅舎ver~」を発売する。熊谷貨物ターミナル駅と三ヶ尻~熊谷貨物ターミナル間(3.9km)の営業が年内で終了することを記念し、発売する記念乗車券の第2弾となる。

「ありがとう!! 熊谷貨物ターミナル駅記念乗車券~駅舎ver~」イメージ
再発売する「記念乗車券~貨車ver~」イメージ

「ありがとう!! 熊谷貨物ターミナル駅記念乗車券 ~駅舎ver~」は、三峰口駅から大人1,070円区間の乗車券1枚と、熊谷貨物ターミナル駅、三ヶ尻駅、広瀬川原駅、武州原谷駅のB型硬券記念証、台紙のセットで、1,070円で発売する。羽生駅、熊谷駅、武川駅、寄居駅、長瀞駅、秩父駅、御花畑駅、三峰口駅の各駅窓口と「ちちてつe-shop」で取り扱う。販売期間は2021年3月31日までだが、売り切れ次第、終了する。

乗車券第2弾の発売に合わせ、すでに完売した「さよなら秩父鉄道熊谷貨物ターミナル駅記念乗車券 ~貨車ver~」も、12月26日から「ちちてつe-shop」限定で再販売する予定となっている。

#記念きっぷ #駅 #鉄道路線の廃止 #中小私鉄 #三セク


秩父鉄道「ありがとう!! 熊谷貨物ターミナル駅記念乗車券」の第2弾

関連記事

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ

中国の高速鉄道が100メートルの海底を走るように—中国メディア

JR東日本、上越新幹線E4系「Max」定期運行ラストランが10/1に決定