JR北海道は2021年3月13日に実施するダイヤ改正にて、北海道新幹線「はやぶさ」の一部列車で東京~新函館北斗間の所要時間を短縮するとともに、北海道新幹線と接続する「はこだてライナー」の一部列車の時刻を見直すと発表した。

東京~新函館北斗間を最速で結ぶ「はやぶさ」の時刻変更に合わせ、「はこだてライナー」も上下各1本の時刻を変更する

来年3月のダイヤ改正では、東北・北海道新幹線「はやぶさ」も走行する上野~大宮間で最高速度を110km/hから130km/hに引き上げ、東京駅から各方面の所要時間を1分程度短縮する。「はやぶさ」も一部列車で所要時間が短縮され、東京~新函館北斗間を最速で結ぶ下り「はやぶさ7・13号」、上り「はやぶさ44号」の所要時間は現行の3時間58分から3時間57分となる。

「はやぶさ7・44号」と接続する「はこだてライナー」2本(上下各1本)の時刻も変更。下り「はやぶさ7号」の新函館北斗駅到着が1分早まることから、接続する快速「はこだてライナー」も現行の時刻より1分早め、新函館北斗駅12時35分発・函館駅12時50分着とする。「はやぶさ44号」は現行の時刻より1分遅く新函館北斗駅を発車するため、これに接続する快速「はこだてライナー」も時刻を1分ずらし、函館駅16時55分発・新函館北斗駅17時14分着に。この場合の函館駅から東京駅までの所要時間は4時28分(1分短縮)となる。

#新幹線 #JR東日本 #JR北海道 #ダイヤ改正 #電車


JR北海道「はこだてライナー」2本の時刻変更、東京~函館間1分短縮

関連記事

東海道新幹線0系・N700SをNゲージサイズに、ファミマで発売 – 京商

185系の写真を約120点、JR東京駅構内で8日から「メモリアル185系おもいで館写真展」開催

列車内でハンバーガー頬張った女性を告発、韓国

熊本電気鉄道、『オフィスおかん』の活用で従業員の健康意識向上 人手不足のバス・鉄道業界における人材定着率向上を目指す

リニア・鉄道館10周年イベント、開館当時の写真展示やプレゼントも

JR東日本、駅の役割変革へ3駅をモデル駅に – 駅ナカカレッジ開校も