JR西日本は、「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」第14期分(2021年7~9月出発分)の参加申込み受付を2021年1月4日から開始する。すべて旅行商品として販売し、専用窓口「TWILIGHT EXPRESS 瑞風 ツアーデスク」とおもな旅行会社で販売する。

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」の第14期分は来年1月4日から受付開始

「TWILIGHT EXPRESS 瑞風 ツアーデスク」では、「山陰コース(下り) ~文豪と維新の歴史をたどる旅~」「山陰コース(上り) ~神話と自然美に触れる旅~」「山陽コース(下り) ~せとうちの歴史に触れる旅~」「山陽コース(上り) ~せとうちの美を愛でる旅~」「山陽・山陰コース(周遊) ~西日本の原風景を堪能する旅~」の5コースを販売。片道コース(下り・上り)は1泊2日、周遊コースは2泊3日となる

旅行代金は、1泊2日コースで1人32万5,000~84万5,000円、2泊3日コースで1人56万~132万5,000円。「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」公式サイトまたはツアーデスクへの郵送にて参加申込みを受け付け、申込み多数の場合は抽選となる。

なお、今回は一般募集に先立ち、今年2~6月の運休期間に乗車予定だった人を対象に先行予約を実施しているため、通常よりも募集人数が少ない日程があるとのこと。その他、一部日程については各旅行会社から販売される。

#JR西日本 #気動車 #クルーズトレイン #夜行列車 #寝台特急


JR西日本「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」第14期分、来年1月から受付開始

関連記事

JR東日本「空間自在ワークプレイス」実験「新幹線オフィス」も予定

東武鉄道、社有林の間伐材で作ったベンチを沿線の希望者に寄贈へ

東武鉄道「スペーシア」デビュー当時のリバイバルカラー車両が登場

京急電鉄、1000形新造車両を新たに3編成 – 2021年度の設備投資計画

近鉄、7/3ダイヤ変更 – 最終列車繰上げ、本数・区間の見直しなど

JR中野駅新北口駅前エリア拠点施設整備事業、2028年度内竣工めざす