JR西日本和歌山支社は、2021年3月13日に実施するダイヤ改正で、きのくに線(紀勢本線)紀伊田辺~新宮間の普通列車を227系に置き換えると発表した。和歌山県内のワンマン列車はすべて227系による運転となり、県内の全線で「ICOCA」が利用可能となる。

和歌山県内の路線で投入が進む227系(写真は和歌山線の列車)

和歌山県内では、和歌山線をはじめ、紀勢本線和歌山~和歌山市間、きのくに線(紀勢本線)和歌山~紀伊田辺間にて227系がすでに投入されており、車載型IC改札機を搭載していることから、各路線で「ICOCA」を利用できるようになっている。

きのくに線(紀勢本線)紀伊田辺~新宮間では、既存の105系に代わり、来年3月のダイヤ改正から227系が登場。同区間の普通列車はすべて227系による運転となる。車載型IC改札機を備えた新型車両への置換えにより、「ICOCA」エリアも拡大され、紀伊田辺~新宮間も含めた和歌山県内の全線で「ICOCA」が利用可能に。「ICOCA定期券」も利用できるため、「県内の通勤通学、お出かけが更に便利になります」(和歌山支社)とのこと。

#交通系ICカード #Suica #PASMO #ICOCA #車両新造 #改造 #JR西日本 #ダイヤ改正 #電車


JR西日本227系、きのくに線紀伊田辺~新宮間に登場 – 105系置換え

関連記事

横浜市営地下鉄「ギャラリートレイン」運行、100年の歴史を写真で

「回数券」は死語になる!? 鉄道回数券の相次ぐ廃止でも激安で乗る「裏技」はまだある!

新幹線「ALFA-X」&「はやぶさ10周年記念」Tシャツの予約販売開始

【youtube】天橋立駅でぶらぶらしつつ撮り鉄してみた

「西武園ゆうえんち」5/19オープン、ゴジラのアトラクションも登場

【ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路】お子様の“鉄分”補給にぴったりな鉄道ルームが誕生!