東京メトロは19日の始発から、千代田線北綾瀬駅に新設した出入口(1番出入口)と改札口(北改札)の供用を開始した。新設した出入口は周辺の公園などの景観に溶け込むように、ガラス窓を多く採用した明るく開放的なデザインとしている。

新設した1番出入口(イメージ)

北綾瀬駅では駅リニューアルが進めてられており、その一環として、駅北側部分において新たに出入口と改札口を整備。新設した1番出入口と環状七号線を跨ぐように設置した架道橋、新設した北改札を経由することで、環状七号線を横断することなく、千代田線ホームへ向かうことが可能となる。新設したルートは、エレベーターでも移動可能なバリアフリールートとしている。

#駅 #東京メトロ #地下鉄


東京メトロ千代田線北綾瀬駅に新出入口と新改札 – 12/19供用開始

関連記事

JR北海道キハ40形「国鉄一般気動車標準色塗装」車両、釧路駅で披露

上田電鉄、別所線が3/28全線運転再開 – 当日は「無料乗車デー」に

京成トラベル「成田空港今昔ツアー」開催、旧成田空港駅の見学も

JR東日本など4社「未来の物産展 from 青森」VR技術で観光名所体験

JR東日本社員が撮影、185系写真展 – 東京駅「グランルーフ」で開催

鋼索鉄道事業の旅客運賃上限変更認可ならびに運賃改定の実施について