東京メトロは19日の始発から、千代田線北綾瀬駅に新設した出入口(1番出入口)と改札口(北改札)の供用を開始した。新設した出入口は周辺の公園などの景観に溶け込むように、ガラス窓を多く採用した明るく開放的なデザインとしている。

新設した1番出入口(イメージ)

北綾瀬駅では駅リニューアルが進めてられており、その一環として、駅北側部分において新たに出入口と改札口を整備。新設した1番出入口と環状七号線を跨ぐように設置した架道橋、新設した北改札を経由することで、環状七号線を横断することなく、千代田線ホームへ向かうことが可能となる。新設したルートは、エレベーターでも移動可能なバリアフリールートとしている。

#駅 #東京メトロ #地下鉄


東京メトロ千代田線北綾瀬駅に新出入口と新改札 – 12/19供用開始

関連記事

JR、GW期間の利用状況は – 東海道新幹線は前年比526%、前々年比27%

JR東日本、首都圏における列車削減を解除 – 5/7は通常の平日ダイヤ

海外の鉄道関係者を対象としたオンライン講座「Tokyo Metro Academy」の開講に向け、「無料オンライン講座」を開催します。

2021年度の鉄道事業設備投資計画【東武鉄道株式会社】

太川陽介、パワハラ指摘された『バス旅』の態度を猛省 「自分がイヤになった」

JR新山口駅、現住所は元号を用いた「山口市小郡令和一丁目2番1号」