JR西日本は2021年3月13日に実施するダイヤ改正にて、通勤特急「らくラクはりま」の運転区間を新大阪駅まで延長するとともに、利用が好調という大久保駅を停車駅に追加する。

通勤特急「らくラクはりま」。来年3月のダイヤ改正で、運転区間が新大阪駅まで延長される

通勤特急「らくラクはりま」は2019年3月のダイヤ改正で新設され、現在はJR神戸線(東海道・山陽本線)大阪~姫路間で平日朝に上り1本、平日夜間に下り1本を運転。途中の三ノ宮駅、神戸駅、明石駅、西明石駅、加古川駅に停車する。289系6両編成を使用し、全車指定席(1号車の普通車指定席は女性専用席)で運転される。

来年3月のダイヤ改正後、「らくラクはりま」の運転区間は新大阪~姫路間となり、新たに大久保駅が途中停車駅に加わる。おもな駅の時刻は、平日朝の上りが姫路駅6時21分発・大久保駅6時40分発・三ノ宮駅7時3分着・大阪駅7時21分着・新大阪駅7時27分着、平日夜間の下りが新大阪駅18時57分発・大阪駅19時4分発・三ノ宮駅19時27分発・大久保駅19時50分着・姫路駅20時11分着となる。

#JR西日本 #ダイヤ改正 #電車 #特急列車


JR西日本「らくラクはりま」新大阪駅まで区間延長、大久保駅に停車

関連記事

旧国鉄福知山機関区の歴史と鉄道員の奮闘ここに SL専門誌が特集

京阪3000系「プレミアムカー」連結、平日の快速特急「洛楽」に乗車

津田沼戦争の象徴、閉店決定したパルコの買い物客数減らした「鉄道の開業」

【youtube】ダイヤ改正で利用できる列車に変化?青春18きっぷで乗車できる観光列車にも注目!

世界の鉄道システム市場ーシステムタイプ別(補助動力、HVAC、推進力、車載制御、その他)、車両タイプ別(機関車、メトロ、モノレール、乗用車、その他)最後用途別(乗用車 、貨物列車)ー地域予測2027年

「バス旅」太川陽介の“新パートナー”候補に浮上したアノ“番組大ファン”