JR東日本は2021年3月13日に実施するダイヤ改正で、上越新幹線にE7系を追加投入する。2021年秋頃には、E7系がさらに追加投入され、E4系「Max」は運転を終了する予定だという。

東京駅に到着するE7系(2019年6月の報道公開にて撮影)

上越新幹線では2019年3月のダイヤ改正に合わせてE7系を投入し、2020年度末までにオール2階建て車両E4系「Max」をすべて置き換える予定としていた。しかし2019年10月の台風19号でE7系8編成が浸水し、廃車に。復旧に向けた車両新造が進められることになり、この影響もあって上越新幹線へのE7系投入、E4系「Max」置換えの予定も変更となった。

現在、上越新幹線の「とき」下り4本・上り4本、「たにがわ」下り1本・上り1本でE7系を使用。2021年3月のダイヤ改正後、E7系の追加投入により、「とき」下り8本・上り8本(下り・上りともに4本増)、「たにがわ」下り3本・上り3本(下り・上りともに2本増)がE7系による運転となる。その後もE7系の追加投入を進め、2021年秋頃、E4系「Max」は運転終了する予定となった。

E4系「Max」は2021年秋頃に運転終了へ

来年3月のダイヤ改正では、朝の通勤時間帯に運転される「たにがわ」の時刻・行先も見直す予定。東京駅に7時台に到着する列車の利用が多いことから、現行の高崎駅7時17分発・上野駅8時8分着「たにがわ474号」を高崎駅6時31分発・東京駅7時24分着「たにがわ472号」に変更する。

#鉄道車両の引退 #車両新造 #改造 #新幹線 #JR東日本 #ダイヤ改正 #電車


JR東日本E7系、上越新幹線に追加投入 – E4系「Max」秋に運転終了へ

関連記事

JR北海道キハ40形「国鉄一般気動車標準色塗装」車両、釧路駅で披露

上田電鉄、別所線が3/28全線運転再開 – 当日は「無料乗車デー」に

京成トラベル「成田空港今昔ツアー」開催、旧成田空港駅の見学も

JR東日本など4社「未来の物産展 from 青森」VR技術で観光名所体験

JR東日本社員が撮影、185系写真展 – 東京駅「グランルーフ」で開催

鋼索鉄道事業の旅客運賃上限変更認可ならびに運賃改定の実施について