JR東日本は2021年3月13日に実施するダイヤ改正で、上越新幹線にE7系を追加投入する。2021年秋頃には、E7系がさらに追加投入され、E4系「Max」は運転を終了する予定だという。

東京駅に到着するE7系(2019年6月の報道公開にて撮影)

上越新幹線では2019年3月のダイヤ改正に合わせてE7系を投入し、2020年度末までにオール2階建て車両E4系「Max」をすべて置き換える予定としていた。しかし2019年10月の台風19号でE7系8編成が浸水し、廃車に。復旧に向けた車両新造が進められることになり、この影響もあって上越新幹線へのE7系投入、E4系「Max」置換えの予定も変更となった。

現在、上越新幹線の「とき」下り4本・上り4本、「たにがわ」下り1本・上り1本でE7系を使用。2021年3月のダイヤ改正後、E7系の追加投入により、「とき」下り8本・上り8本(下り・上りともに4本増)、「たにがわ」下り3本・上り3本(下り・上りともに2本増)がE7系による運転となる。その後もE7系の追加投入を進め、2021年秋頃、E4系「Max」は運転終了する予定となった。

E4系「Max」は2021年秋頃に運転終了へ

来年3月のダイヤ改正では、朝の通勤時間帯に運転される「たにがわ」の時刻・行先も見直す予定。東京駅に7時台に到着する列車の利用が多いことから、現行の高崎駅7時17分発・上野駅8時8分着「たにがわ474号」を高崎駅6時31分発・東京駅7時24分着「たにがわ472号」に変更する。

#鉄道車両の引退 #車両新造 #改造 #新幹線 #JR東日本 #ダイヤ改正 #電車


JR東日本E7系、上越新幹線に追加投入 – E4系「Max」秋に運転終了へ

関連記事

【youtube】京急線往復乗車券+おしゃれなごはん+ごほうび付き「葉山女子旅きっぷ」!

京王電鉄、2021年度の設備投資は総額240億円 – 5000系1編成新造も

太川陽介「自分が嫌になった」 番組での態度を受け、口にした決意に反響

新幹線、特急、ナロー鉄道、路面電車、リニモ、SLまで個性豊かな中部地方の電車の写真が満載! 旅鉄Kids『なごやの電車大百科』刊行

築90年の駅舎解体、市民から惜しむ声…「地元のシンボル」保存目指すも難しく

澄んだ青空×真っ赤な花畑「天空のポピー散策往復バスツアー」開催