JR東日本は18日、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため国・関係自治体から要請を受けたことを踏まえ、あわせて昨今の感染拡大の状況にも鑑み、大みそかから元旦にかけて計画していた終夜運転等を取りやめると発表した。

JR東日本が大みそかから元旦にかけての終夜運転等を取りやめると発表

JR東日本では、大みそかから元旦にかけて山手線、京浜東北・根岸線、中央線(快速・各駅停車)、埼京線、湘南新宿ラインなど首都圏の各線区で終夜運転の実施を予定していた。都内から各方面へ、初日の出鑑賞に便利な臨時列車の運転も発表している。

しかし新型コロナウイルス感染症の感染拡大や、関係自治体等から終夜運転中止の要請があったことを踏まえ、終夜運転を取りやめることになった。「ご利用のお客さまにはご不便をおかけして申し訳ございませんが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます」とJR東日本。大みそかから元旦にかけての臨時列車の詳しい運転計画について、「あらためてお知らせいたします」としている。

#JR東日本 #電車


JR東日本、関係自治体からの要請を受け大晦日の終夜運転を取りやめ

関連記事

東武トップツアーズ、東武特急りょうもう号で行く上毛電気鉄道700形電車運転・車掌体験ツアーを販売

AIによる画像認識で、コロナ禍におけるのと鉄道利用実態の把握を目指す。国際高専の学生プロジェクトが穴水駅にカメラを設置。8月5日(木)15時30分より穴水駅の上り、下りのホームの計6か所

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も