竹本社長が来場を呼び掛ける映画PRビジュアル(写真:銚子鉄道)

銚子電気鉄道は2020年12月11日、同社が制作した映画「電車を止めるな!〜のろいの6.4km〜」の2021年1月の上映スケジュールを発表した。目玉は北海道初上陸で、1月19、23、24の3日間、札幌市中央区南2条西5丁目のサツゲキで上映される。

銚子電鉄が、約2億円に上る変電所の大規模修繕経費を捻出するために編み出した起死回生の経営危機脱出策。クラウドファンディングで集めた500万円の資金で、「超C級(銚子級)」をうたうホラーエンターテインメント映画を制作した。いわゆる自主制作のため、銚子電鉄は上映館を探して映画会を開催する。

札幌での映画会のうち、初回の1月19日は先行上映で19時スタート。銚子電鉄の竹本勝紀社長が舞台あいさつする。鑑賞券には同社の1日乗車券とお土産のお菓子が付く。23、24日は13時の上映開始。

このほか、2021年1月は千葉県成田市の成田HUMAXシネマズ、神奈川県横須賀市の横須賀HUMAXシネマズ、東京都豊島区の池袋HUMAXシネマズの3劇場で上映する。スケジュールは各劇場のホームページなどで。

文:上里夏生

#北海道 #銚子電鉄 #電車 #スケジュール


北海道に初上陸 銚子電鉄が映画「電車を止めるな!」の上映スケジュール発表

関連記事

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も

JR東日本E4系「Max」親子限定の新幹線車両基地ツアー – 8/19開催

「JR富山駅ビル」白色を基調にデザイン、立山連峰の雪景色イメージ