阿武隈急行の全線開通を記念し、宮城県丸森町にある丸森駅、あぶくま駅に鉄道スタンプとして日本初となるQRコード付きスタンプを12月24日より設置します。スタンプを読み取ると地元の最新情報にアクセス可能。

このスタンプは、大人の社会塾熱中小学校丸森復興分校の授業において、発想図工科の小杉博俊教諭指導の下、丸森駅とあぶくま駅の鉄道スタンプを生徒の手により制作し最終選定を経て、本年10月31日、阿武隈急行株式会社の菅久吉社長に寄贈されました。この日は、2019年10月に宮城県丸森町を襲った台風19号の被害で不通になっていた阿武隈急行のの再開通を記念し、当学校の生徒で鍛鉄家の加成幸男さんが鍛鉄製の‘ガンバッペベンチ’を寄贈し、あぶくま駅のホームに設置された日でもあります。

阿武隈急行の復興を応援
日本初のQRコード付き鉄道スタンプを設置

2019年10月に宮城県丸森町を襲った台風19号の被害で不通になっていた阿武隈急行は本年10月31日再開通しました。大人の社会塾‘熱中小学校丸森分校’の生徒で鍛鉄家の加成幸男さんが鍛鉄製の‘ガンバッペベンチ’を寄贈しあぶくま駅のホームに設置されました。同日の熱中小学校の授業において、発想図工科の小杉博俊教諭指導の下、丸森駅とあぶくま駅の鉄道スタンプを制作し最終選定を経て、阿武隈急行株式会社の菅久吉社長に寄贈されました。 このスタンプには駅に置かれた鉄道スタンプとしては日本で初のQRコードがデザインの中に巧みに埋め込まれおり‘阿武急復旧スタンプサイト’から丸森町観光情報等の情報発信を行ないます。

URL: 丸森駅 https://co-landscapestamps.com/mbms/
あぶくま駅 https://co-landscapestamps.com/mbas/

あぶくま駅、丸森駅の復旧駅スタンプは12月24日(木)から阿武隈急行丸森駅待合室に設置され公開されます。

全国に、大人の社会塾「熱中小学校」を展開する、一般社団法人熱中学園(東京都・代表理事 堀田一芙)は、本年7月内閣府の「関係人口創出・拡大のための中間支援モデル構築に向けた調査・検討業務」の実施者に採択され、丸森町を含めた全国11の自治体と実証実験を行っています。丸森町では熱中小学校丸森復興分校が阿武隈急行と提携して創造的な手法で関係人口の増加を行っています。
熱中小学校丸森復興分校は今後とも内閣府実証実験に生徒さんの活動を通じて参画し地元インフラ事業である阿武隈急行を支援してまいります。

〇企業概要 企業名:一般社団法人 熱中学園
所在地:東京都墨田区横網1丁目6番1号
国際ファッションセンターヒ゛ル7F(株)ウチタ゛人材開発センタ内
代表理事 堀田一芙

ご参考
QRコード付き鉄道スタンプ印影
あぶくま駅

丸森駅

#スタンプ #復興 #QRコード #宮城県


阿武隈急行の復興を応援 -日本初のQRコード付き鉄道スタンプを設置

関連記事

JR北海道キハ40形「国鉄一般気動車標準色塗装」車両、釧路駅で披露

上田電鉄、別所線が3/28全線運転再開 – 当日は「無料乗車デー」に

京成トラベル「成田空港今昔ツアー」開催、旧成田空港駅の見学も

JR東日本など4社「未来の物産展 from 青森」VR技術で観光名所体験

JR東日本社員が撮影、185系写真展 – 東京駅「グランルーフ」で開催

鋼索鉄道事業の旅客運賃上限変更認可ならびに運賃改定の実施について