このたび、ティアック株式会社(本社:東京都多摩市、代表取締役社長:英裕治)が展開する業務用音響機器ブランド『TASCAM(タスカム)』は、東武鉄道株式会社(本社:東京都墨田区、社長:根津嘉澄)とのコラボレーションにて「SL大樹乗車キャンペーン」で企画された、『SL大樹の様々な「音」を収録した懐かしのカセットテープおよび配信用音源』の共同収録を行いました。

また、「SL大樹乗車キャンペーン」実施と連動して、今回の収録の模様をまとめた特設ページをTASCAMのWEBページにて公開しております。

【鉄道録音特設ページ】https://tascam.jp/jp/contents/train/

収録で使用したハイレゾレコーダーDRシリーズ

TASCAMリニアPCMレコーダー史上最良のオーディオパフォーマンスを誇るDR-100MKIII、可動式マイクを搭載し、狙った音の収録に適したDR-07MKII、手軽に高音質の収録が可能なDR-05。

SL大樹乗車キャンペーン

https://www.tobu.co.jp/sl/data/pdf/news_20201216_5.pdf

SL大樹について

SL大樹は「鉄道産業文化遺産の保存と活用」、「日光・鬼怒川エリアの活性化」、そして「東北復興支援の一助」の3つを目的とし、2017年8月10日に運転を開始。本年8月にはSL大樹「ふたら」として東武日光駅へ新たに乗り入れをスタートするとともに、12月26日より、真岡鐡道にて運行されていた「C11形325号機」が運転を開始することでSLが2機体制となることから、2021年夏以降は平日を含めた日光・鬼怒川エリアでのSL毎日運転を実施予定。また、3機目のSLとなる「C11形123号機」の復元作業についても、2021年冬の完了を目指しております。

#東武鉄道 #コラボ #キャンペーン #株式会社


TASCAMと東武鉄道が鉄道音源でコラボ。 SL大樹乗車キャンペーン オリジナルカセットテープの制作で共同収録を実施。収録模様を特設サイトに公開。

関連記事

旭化成のクラウド型生鮮品物流ソリューション「Fresh Logi(TM)」とJR東日本水戸支社鉄道網を活用した新たな生鮮品物流システムの開始

マホロバ・マインズ三浦、”おもちゃの鉄道で遊べる”家族向けコンセプトルームの販売開始

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両、京都の伝統産業素材・技法を活用

名古屋市交通局「市営交通100年祭」PR動画を公開 – 懐かしい写真も

JR東日本E4系「Max」親子限定の新幹線車両基地ツアー – 8/19開催

「JR富山駅ビル」白色を基調にデザイン、立山連峰の雪景色イメージ