JR西日本は17日、駅ホームの安全性向上をめざし、JR神戸線の神戸駅5番のりばで設置工事を進めてきた昇降式ホーム柵について、12月25日の始発列車から使用開始すると発表した。

昇降式ホーム柵の設置イメージ(写真は高槻駅)

JR神戸線の神戸駅5番のりばは、おもに西明石・姫路方面の特急列車や新快速が停車する。12月25日から使用開始する昇降式ホーム柵の高さは約1.3m、最大開口は約11.9m、柵延長は約240mとなる。なお、使用開始日に関して、工事の進捗状況により、やむをえず変更する場合もある。

#駅 #JR西日本 #ホームドア


JR西日本、神戸駅5番のりばに昇降式ホーム柵 – 12/25から使用開始

関連記事

軽ワゴンの女性「車が来ないか気を取られ、警報音に気付かず」…踏切で列車と衝突

栗橋駅デッドセクションのまわりを歩く鉄さんぽ1時間

近鉄12200系の名阪特急を運転、中川短絡線も通過 – ラストラン迫る

愛される「ガチャコン電車」 滋賀の老舗私鉄・近江鉄道 「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会in滋賀」から【コラム】

SKE48・須田亜香里、『バス vs 鉄道』で大号泣 相手チームにあおられ…

『バス vs 鉄道旅』勝敗わけた運命の1路線に太川陽介絶叫 バス旅の経験が仇に…