JR西日本は17日、駅ホームの安全性向上をめざし、JR神戸線の神戸駅5番のりばで設置工事を進めてきた昇降式ホーム柵について、12月25日の始発列車から使用開始すると発表した。

昇降式ホーム柵の設置イメージ(写真は高槻駅)

JR神戸線の神戸駅5番のりばは、おもに西明石・姫路方面の特急列車や新快速が停車する。12月25日から使用開始する昇降式ホーム柵の高さは約1.3m、最大開口は約11.9m、柵延長は約240mとなる。なお、使用開始日に関して、工事の進捗状況により、やむをえず変更する場合もある。

#駅 #JR西日本 #ホームドア


JR西日本、神戸駅5番のりばに昇降式ホーム柵 – 12/25から使用開始

関連記事

横浜市営地下鉄「ギャラリートレイン」運行、100年の歴史を写真で

「回数券」は死語になる!? 鉄道回数券の相次ぐ廃止でも激安で乗る「裏技」はまだある!

新幹線「ALFA-X」&「はやぶさ10周年記念」Tシャツの予約販売開始

【youtube】天橋立駅でぶらぶらしつつ撮り鉄してみた

「西武園ゆうえんち」5/19オープン、ゴジラのアトラクションも登場

【ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路】お子様の“鉄分”補給にぴったりな鉄道ルームが誕生!