JR西日本は12月16日、安全・安心な鉄道による通勤に向け、「新しい通勤スタイル」を実現するための施策を発表した。

具体的には、2021年4月1日から2022年3月31日まで、平日朝のピーク時間後の利用でICOCAポイントが貯まるサービスを開始する。平日の朝に、対象発駅エリア内の駅で通勤用のICOCA定期券により入場後、ピーク後の時間帯に、対象着駅で出場した場合、利用1回ごとにICOCAポイントが20ポイント貯まる。

対象発駅エリアは主に京阪神エリアで、対象着駅は大阪都心部の33駅(大阪環状線・JRゆめ咲線・JR東西線の各駅、JR難波駅、新大阪〜尼崎駅間の各駅)。

対象券種は通勤用のICOCA定期券で、通学定期券、磁気タイプの定期券、こどもICOCAは除く。

また、「着席通勤のススメ」 として、指定席車両の拡大などを展開してきた通勤特急において、今後も指定席車両の拡大、停車駅の追加などのサービスを充実させる予定。1日2往復している有料座席サービス 新快速「Aシート」は、平日朝の通勤に便利な時間帯にも運転しているという。

#通勤


JR西日本、平日朝のピーク時間後の利用でICOCAポイント付与

関連記事

JR東日本と農産物流通プラットフォームを共同運用

Suica対応Fitbit Charge 4が登場 日本のFitbitユーザーの移動と買い物がより快適に

【youtube】雪景色の長崎電気軌道の路面電車を撮り鉄してみた

鉄道業界はMaaSやワーケーションで地域観光再生に貢献 日観振が「日本の観光再生宣言」

電車飛び込み死亡、窓ガラス突き破り「乗客」巻き添え…鉄道会社は「責任」を負うの?

西武鉄道オンラインショップがオープン 秋には5000系・001系HOゲージ金属製ディスプレイモデルも登場