東急電鉄は16日、東急線全線において2021年3月にダイヤ改正を実施し、こどもの国線を除く東急線全線の終電時刻を最大30分程度繰り上げると発表した。

2021年3月のダイヤ改正で、東急線全線(こどもの国線を除く)で終電繰上げを実施する

東急電鉄では、ホームドア等の設備増加にともない鉄道設備の保守業務量が増加している中、保守点検のための夜間作業時間や夜間作業に関わる要員の確保を目的として、また新型コロナウイルス感染症の影響により、深夜時間帯を中心に利用状況が大きく変化したことを踏まえ、来年3月にダイヤ改正を実施する。

これにより、保守業務に携わる作業員や駅係員・乗務員などの早朝深夜時間帯の働き方が改善されるとともに、夜間作業を安全かつ効率的に実施することで、より安全で安定した鉄道サービスの提供に努めるという。

来年3月のダイヤ改正後、東急線全線(こどもの国線を除く)で終電時刻が現行の時刻より最大30分程度繰上げとなる。東横線渋谷発の終電は約26分の繰上げ、田園都市線渋谷発の終電は約17分の繰上げ、目黒線目黒発の終電は約13分の繰上げ、世田谷線三軒茶屋発の終電は約14分の繰上げ、池上線五反田発の終電は約13分の繰上げ、大井町線大井町発の終電は約15分の繰上げを予定している。

なお、初電の時刻はおおむね現行通りの時刻を維持する予定であり、需要動向などを鑑みつつ、混雑の集中が予測される場合は臨時列車の増発なども検討するという。一部路線において、利用動向の変化に対応した運行ダイヤの適正化も実施する。ダイヤ改正の詳細は2021年1月下旬頃に発表される。

#ダイヤ改正 #東急電鉄 #電車


東急電鉄の2021年3月ダイヤ改正、全線で終電を最大30分程度繰上げ

関連記事

北陸新幹線敦賀延伸後、在来線特急の福井方面直通を断念した事情

大坂の「八百八橋」を支えた金融と政治の街 – 淀屋橋駅など(前編)

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信

伊豆箱根鉄道、富士山三島東急ホテル開業1周年でコラボ記念乗車券

速くて便利な「高速鉄道」が誕生し、普及してきた経緯=中国

黒塗りのDD200形が川崎重工業を出場、行き先はJR九州 熊本車両センター