真岡鐵道は、12月15日に真岡線が全線開通100市周年を迎えたことを記念し、12月20日に実施する「SL&DL重連運転」で記念ヘッドマークを掲出する。同じく12月20日頃から、普通列車(気動車)にも記念ヘッドマークが掲出される予定となっている。

真岡鐵道の普通列車

「SL&DL重連運転」は12月20日午前の下り列車(下館駅10時35分発・茂木駅12時6分着)で実施。先頭から蒸気機関車・ディーゼル機関車・客車の編成で運転する。ヘッドマークデザインは当日まで非公表とのこと。

普通列車(気動車)も12月20日頃から全線開通100周年記念ヘッドマークを掲出。下館側・茂木側にそれぞれ異なるデザインのヘッドマークを取り付け、約1年間運行する予定となっている。

#気動車 #客車 #蒸気機関車 #中小私鉄 #三セク


真岡鐵道、真岡線全線開通100周年で記念ヘッドマーク – 12/20から

関連記事

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ

中国の高速鉄道が100メートルの海底を走るように—中国メディア

JR東日本、上越新幹線E4系「Max」定期運行ラストランが10/1に決定