真岡鐵道は、12月15日に真岡線が全線開通100市周年を迎えたことを記念し、12月20日に実施する「SL&DL重連運転」で記念ヘッドマークを掲出する。同じく12月20日頃から、普通列車(気動車)にも記念ヘッドマークが掲出される予定となっている。

真岡鐵道の普通列車

「SL&DL重連運転」は12月20日午前の下り列車(下館駅10時35分発・茂木駅12時6分着)で実施。先頭から蒸気機関車・ディーゼル機関車・客車の編成で運転する。ヘッドマークデザインは当日まで非公表とのこと。

普通列車(気動車)も12月20日頃から全線開通100周年記念ヘッドマークを掲出。下館側・茂木側にそれぞれ異なるデザインのヘッドマークを取り付け、約1年間運行する予定となっている。

#気動車 #客車 #蒸気機関車 #中小私鉄 #三セク


真岡鐵道、真岡線全線開通100周年で記念ヘッドマーク – 12/20から

関連記事

JR北海道キハ40形「国鉄一般気動車標準色塗装」車両、釧路駅で披露

上田電鉄、別所線が3/28全線運転再開 – 当日は「無料乗車デー」に

京成トラベル「成田空港今昔ツアー」開催、旧成田空港駅の見学も

JR東日本など4社「未来の物産展 from 青森」VR技術で観光名所体験

JR東日本社員が撮影、185系写真展 – 東京駅「グランルーフ」で開催

鋼索鉄道事業の旅客運賃上限変更認可ならびに運賃改定の実施について