真岡鐵道は、12月15日に真岡線が全線開通100市周年を迎えたことを記念し、12月20日に実施する「SL&DL重連運転」で記念ヘッドマークを掲出する。同じく12月20日頃から、普通列車(気動車)にも記念ヘッドマークが掲出される予定となっている。

真岡鐵道の普通列車

「SL&DL重連運転」は12月20日午前の下り列車(下館駅10時35分発・茂木駅12時6分着)で実施。先頭から蒸気機関車・ディーゼル機関車・客車の編成で運転する。ヘッドマークデザインは当日まで非公表とのこと。

普通列車(気動車)も12月20日頃から全線開通100周年記念ヘッドマークを掲出。下館側・茂木側にそれぞれ異なるデザインのヘッドマークを取り付け、約1年間運行する予定となっている。

#気動車 #客車 #蒸気機関車 #中小私鉄 #三セク


真岡鐵道、真岡線全線開通100周年で記念ヘッドマーク – 12/20から

関連記事

アムトラック脱線現場

横転したアムトラックの列車

列車脱線、3人死亡

列車脱線、3人死亡=50人超負傷—米西部モンタナ州

JR北海道、2022年春にダイヤ見直し – 廃止方針の7駅が判明

京都市営地下鉄烏丸線の新型車両20系、近鉄沿線からも期待? 理由は