三岐鉄道(三重県四日市市)北勢線で歳末恒例のクリスマス列車が走っている。今冬はコロナ禍の世相を反映し、車両を彩るサンタやトナカイなどがマスク姿で感染防止を呼びかけている。

車両の前面や側面をサンタや雪だるま、ツリーなどでラッピングし、一足早くクリスマスの気分を楽しんでもらおうという趣向だ。

例年と異なり、クリスマスの主役たちがマスクを着けていることから、英語のデザインも「クリスマス(Christmas)」と「マスク(mask)」を掛け合わせて「Merry Christmask」にしている。運行期間は27日まで。【松本宣良】

#マスク #クリスマス #車両 #コロナ禍


メリークリス“マスク”列車、駆ける 装飾のサンタも着用 三重

関連記事

民鉄のコロナによるマイナスは〝東高西低〟 アメリカでは人減らしをちらつかせて支援引き出す【コラム】

えちごトキめき鉄道 413・455系が試運転「越後」ヘッドマーク掲出

NEDOなど、難燃性マグネシウム合金製の鉄道車両構体の長期耐久性能を確認

JR東日本「只見海里」只見線の全線開通50周年を記念し8/29に運行へ

中国の高速鉄道が100メートルの海底を走るように—中国メディア

JR東日本、上越新幹線E4系「Max」定期運行ラストランが10/1に決定