三岐鉄道(三重県四日市市)北勢線で歳末恒例のクリスマス列車が走っている。今冬はコロナ禍の世相を反映し、車両を彩るサンタやトナカイなどがマスク姿で感染防止を呼びかけている。

車両の前面や側面をサンタや雪だるま、ツリーなどでラッピングし、一足早くクリスマスの気分を楽しんでもらおうという趣向だ。

例年と異なり、クリスマスの主役たちがマスクを着けていることから、英語のデザインも「クリスマス(Christmas)」と「マスク(mask)」を掛け合わせて「Merry Christmask」にしている。運行期間は27日まで。【松本宣良】

#マスク #クリスマス #車両 #コロナ禍


メリークリス“マスク”列車、駆ける 装飾のサンタも着用 三重

関連記事

JR北海道キハ40形「国鉄一般気動車標準色塗装」車両、釧路駅で披露

上田電鉄、別所線が3/28全線運転再開 – 当日は「無料乗車デー」に

京成トラベル「成田空港今昔ツアー」開催、旧成田空港駅の見学も

JR東日本など4社「未来の物産展 from 青森」VR技術で観光名所体験

JR東日本社員が撮影、185系写真展 – 東京駅「グランルーフ」で開催

鋼索鉄道事業の旅客運賃上限変更認可ならびに運賃改定の実施について