富士急行線河口湖駅に、12月18日から副駅名「富士河口湖温泉郷」が導入される。地元からの要望によるもので、駅のある富士河口湖町が温泉地であることを周知するとともに、駅を中心としたエリア全体のイメージ向上や観光誘客に結び付けるねらいがある。

副駅名表示イメージ

富士河口湖温泉郷は、泉温や泉質の異なる5つの源泉と、季節や時間によって表情を変える富士山を間近に臨む絶好のロケーションが特徴で、40軒以上の旅館やホテルで構成される。

副駅名の導入を記念し、12月18日から「河口湖駅副駅名設定記念入場券」を販売。4枚組800円で、公式オンラインショップ「富士急のりもの百貨店」、富士山駅、河口湖駅で販売される。

河口湖駅外観
河口湖駅副駅名設定記念入場券セットイメージ

河口湖駅構内の売店「Gateway Fujiyama 河口湖駅店」で記念商品も発売。富士五湖唯一の造り酒屋、井出醸造店で醸したオリジナル日本酒「このはな」は300ml入りで600円。希少価値の高い黒糖を練り込んだもっちりとした生地でこしあんを包んだ「富士河口湖温泉郷 温泉まんじゅう」は1個160円、6個入り1,100円。その他、「かりんとう饅頭」(1個180円)、「フジヤマクッキー 和風フレーバーセット」(5枚入り880円)も販売する。

#駅 #中小私鉄 #三セク #記念きっぷ


富士急行線河口湖駅に副駅名「富士河口湖温泉郷」12/18から導入へ

関連記事

JR東日本と農産物流通プラットフォームを共同運用

Suica対応Fitbit Charge 4が登場 日本のFitbitユーザーの移動と買い物がより快適に

【youtube】雪景色の長崎電気軌道の路面電車を撮り鉄してみた

鉄道業界はMaaSやワーケーションで地域観光再生に貢献 日観振が「日本の観光再生宣言」

電車飛び込み死亡、窓ガラス突き破り「乗客」巻き添え…鉄道会社は「責任」を負うの?

西武鉄道オンラインショップがオープン 秋には5000系・001系HOゲージ金属製ディスプレイモデルも登場