JR貨物は15日、年末年始期間の貨物列車の運転について発表した。今年度の年末は12月26日までおおむね通常通り運転を行うほか、12月30日まで一部の列車を運転。年始は1月4日午後以降の列車から順次運転を行う。

青函トンネルを走行する貨物列車

同社によれば、近年のトラックドライバー不足や環境問題への対応などを背景に、宅配便・食料工業品をはじめとした多くが貨物鉄道を利用しているという。これを受けて、ゴールデンウィーク・お盆休み・年末年始期間において、輸送事情に合わせた貨物列車の弾力的な運転を行っている。

今年度の年末年始期間(2020年12月26日から2021年1月4日まで)については、新型コロナウイルス感染症による経済的な影響が広がる中、生活必需品などの物流を支え、利用者のニーズに応えるため、12月26日までおおむね通常通り運転。関東と北海道、関東と九州を結ぶ一部列車については12月30日まで運転する。年始は1月4日午後以降の列車から順次運転を行い、期間中に運転するコンテナ列車の本数は合計398本(前年比131.8%)とされている。

#JR貨物


JR貨物、年末年始期間に前年上回る合計398本のコンテナ列車を運転

関連記事

近鉄12200系、臨時特急列車に! 4月の4日間、大阪・名古屋から1往復

鉄道事業者、どう稼ぐ? 経営支える駅ビルなどの関連事業 ポップアップ店舗をはじめ新しい取り組みも

超優等出世列車「寝台特急ゆうづる」に関する考察も——鉄道ファンの行司が書いた『大相撲と鉄道』には「相撲列車」の知られざる話がいっぱい

ロッド・スチュワート、コンテナ7つで鉄道模型を米→英輸送

ツーリズムとよた×名古屋鉄道 タイアップ企画 『EMOTION!豊田篇』のキャンペーンが本格的に開始

参拝者などでにぎわい、地下化の計画も – 川崎大師駅(京急大師線)