JR東日本水戸支社は12月18・19日、水郡線を活用して奥久慈の食材や地産品を水戸駅へ運ぶトライアルを実施する。

水郡線で食材や地産品を輸送するトライアルを実施する

茨城県大子町産の食材を袋田駅で積み込み、同駅を11時26分に出発。水戸駅まで運び、12時39分に到着する。その後、13時から水戸駅改札前イベントスペースで「水郡線奥久慈マルシェ」を開き、水郡線で運んだ産品を販売する。奥久慈りんご、奥久慈しゃもの卵、奥久慈しゃも弁当、奥久慈クレソン、奥久慈りんご加工品の販売を予定しているという。

今回のトライアルを手始めに、今後は地域事業者の販路拡大と、地方における素材仕入れ、生産から物流、販売までの流れをサポートする体制の構築をめざすとのこと。

#JR東日本


JR東日本、水郡線を活用し奥久慈の食産品を輸送するトライアル実施

関連記事

軽ワゴンの女性「車が来ないか気を取られ、警報音に気付かず」…踏切で列車と衝突

栗橋駅デッドセクションのまわりを歩く鉄さんぽ1時間

近鉄12200系の名阪特急を運転、中川短絡線も通過 – ラストラン迫る

愛される「ガチャコン電車」 滋賀の老舗私鉄・近江鉄道 「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会in滋賀」から【コラム】

SKE48・須田亜香里、『バス vs 鉄道』で大号泣 相手チームにあおられ…

『バス vs 鉄道旅』勝敗わけた運命の1路線に太川陽介絶叫 バス旅の経験が仇に…