ジェイアール東日本企画は、JR品川駅中央改札内にて大型フラッグ広告にプロジェクターで映像を投影する実証実験を開始した。放映時間は5~24時。12月20日まで実施を予定している。

大型フラッグへの映像投影イメージ
品川駅中央改札内で実証実験を実施する

この実証実験では、大型フラッグ3基6面のうち1面を用い、「Jackery Japan」の商品広告映像を投影する。改札内ショーケース上部に設置したプロジェクター2台から同じ映像を投影することで、明るい駅構内でも視認できる明るさを実現した。

従来のフラッグでは難しかった、曜日・時間帯別で素材を切り替えての放映も可能になることから、実証実験を通して新たな広告手法としての実用性を検証する。

#JR東日本 #駅


JR品川駅構内で大型フラッグに商品広告の映像を投影する実証実験

関連記事

渋谷駅ホーム移設や秋田新幹線の雪落とし装置 土木学会が学会賞表彰 鉄道関係で10件受賞【コラム】

ホームドアない駅は「欄干ない橋」と同じ…視覚障害者に死の恐怖「整備急いで」

北陸新幹線敦賀延伸後、在来線特急の福井方面直通を断念した事情

大坂の「八百八橋」を支えた金融と政治の街 – 淀屋橋駅など(前編)

「阪急レールウェイフェスティバル 2021 ONLINE」8/31まで動画配信

伊豆箱根鉄道、富士山三島東急ホテル開業1周年でコラボ記念乗車券